断捨離は妊娠中にこそおすすめ!赤ちゃんとママへの効果・メリット4選

はじめての出産を控え、赤ちゃんを迎える準備をしています。
衣類やグッズを買い揃えたりしていくことはとっても楽しいですね!

でも、「お世話しやすいお部屋作り」も同じかそれ以上に大切。
妊娠中の今だからこそ、モノの断捨離をおすすめします。

妊娠中のプレママに断捨離をおすすめする理由

なぜ断捨離をおすすめするのか。
モノを手放すことの意味を考えたところ、赤ちゃんとママのためになることがわかってきたからです。

具体的には、以下のような点が挙げられます。

  • 赤ちゃんとママの健康と安全を確保できる
  • 赤ちゃんが過ごす場所、収納スペースを確保できる
  • スッキリした部屋は家事の時短になり、産後の身体の負担を減らせる
  • ママが心身ともにスッキリ、リフレッシュできる

これらの効果すべてが断捨離によって得られます。
これをみると、断捨離を始めてみたくなりませんか?

赤ちゃんとママの健康と安全を確保できる

赤ちゃんは大人に比べて抵抗力が弱い存在。
病気などを防ぐためには、家の中が清潔であることが大切です。

そのためには、掃除しやすい、片づいた部屋が理想。
モノがある状態では収納も掃除も大変なので、まずモノを手放してスッキリさせます。

また、モノが床に転がっていると誤飲の原因にも。
新生児の頃はまだ身体を器用に動かせないので心配は少ないですが、あっという間に大きくなりますからね!
安全対策の面でも有効です。

赤ちゃんが過ごす場所、収納スペースを確保できる

赤ちゃんを迎えると、これまでなかったモノが増えます。
衣類、おむつ、おしりふき、おもちゃ、抱っこ紐etc.……
家族が一人増えるわけなので、当然ですね。

特におむつなどの消耗品などは次々に使うため、まとめて収納できるスペースが必要です。
収納スペースの確保のためにも、今ある不要なモノを手放しましょう!

スッキリした部屋は家事の時短になり、産後の身体の負担を減らせる

断捨離してモノを増やさないことを心がければ、お部屋はスッキリ。
管理するモノが少ないと、ママもストレスなく動けるようになりお世話がしやすくなります。

産後は体力の消耗や夜中の授乳など、身体の負担になることが盛りだくさん。
スムーズに動けることは家事の時短につながって、負担の軽減にもつながります。

ママが心身ともにスッキリ、リフレッシュできる

妊娠中はホルモンバランスの影響で、少しのことでもイライラしやすくなります。
ただでさえ生物学的にもイライラするというのに、出産への不安、身体の変化など、ストレスとなる要素もいっぱい!!

そんなとき断捨離をすると、お部屋だけでなく心もスッキリ。
片づいている方がストレスなく過ごせます。
それと、適度に身体を動かすことでリフレッシュにもなると思います。
ただし身体に負担をかけない程度にしてくださいね。

妊娠する前の断捨離はもっとおすすめ

できたら赤ちゃんが欲しいと思ったタイミングで断捨離すると、なお良いと思います。

というのも、私は妊娠初期はつわりがひどく、中期~後期にかけても切迫流産・切迫早産で入院していました。
退院後も自宅安静が続いたので、片付けすらままならない状態に……。

臨月間近になるとお腹が重くなって負担になってしまうかもしれないので、妊娠前の動けるときにやっておいたほうが楽だと思います。

また赤ちゃんが産まれたら、お世話につきっきりで断捨離の暇もなくなるといいます。
早め早めに動くほうが良いですね!

宅配買取など、家にいながらにして買取をしてもらえるサービスもたくさんあります。
例えば、ZOZOTOWNのブランド古着買取サービス。
参考 ブランド古着買取サービスZOZOTOWN

ほかにも、本の買取に「Vaboo」を利用したりもしています。



また、「ブランディア」の買取もお願いしました。


断捨離効果で赤ちゃんもママもスッキリ快適に

断捨離を実行することでママが快適に家で過ごせる環境が作れますし、赤ちゃんを家にお迎えする準備もできて一石二鳥。
家族みんなが健やかに過ごすために役立ちます。

これを読まれている方も、一緒にスッキリしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA