母子手帳ケースのおすすめは、便利さ重視でポーチタイプ。シンプル&持ち歩きやすくてかさばらない!

母子手帳ケース

妊娠したらまずもらうのが「母子手帳」です。
妊婦健診のたびに使いますし、出産後も予防接種の記録などに使うため、
いつでも持ち歩けるようにきちんと保管したいですよね。

そんな母子手帳を持ち歩くための「母子手帳ケース」は、種類がとっても豊富!
私もどんなものにしようかとても悩みました^^;
今回は、母子手帳ケースの主な種類や私のおすすめのタイプについて紹介していきます。

おさらい。母子手帳ケースに入れるもの

妊娠中、母子手帳ケースに入れて持ち歩くものというと、
以下のようなものが代表的だと思います。

  • 母子手帳
  • 妊婦健診費用補助券
  • 保険証
  • 診察券
  • エコー写真
  • 領収書
  • 筆記用具

出産後はもっと持ち歩くものが増えるそうですね!
赤ちゃんの様子を見ながら毎回持ち物を確認するのは大変なので、
あらかじめひとまとめになっている方が手間が省けます。
そうすると、大きさに余裕のあるケースを選ぶと良さそうです。

母子手帳ケースにはどんな種類がある?

母子手帳ケースの種類と言うと、
以下の3つが主流なのではないでしょうか。

  • ブックカバータイプ
  • ジャバラタイプ
  • ポーチタイプ

見開きが機能的な、ブックカバータイプ

本のカバーのように開き、母子手帳を挟んで収納するタイプのケースです。
収納ポケットが豊富で、機能的なものが多い印象。
たくさん収納してもコンパクトに持ち歩けます。

おしゃれでクラッチバッグのようにも持てる、ジャバラタイプ

開くと長財布のように内側に仕切りがあり、母子手帳をサッと入れられるタイプのケースです。
マチ付きのものも多く、収納力は抜群。
その反面、少々かさばるかもしれません。
可愛いデザインならバッグから出して、クラッチバッグのように持っていけるのが良いですね^^

ざっくり素早く収納できる、ポーチタイプ

さまざまな用途に使えるポーチ(マルチケース)は、母子手帳ケースとしても使えます。
お気に入りのポーチを選ぶと、気分が上がりそうですね^^

私が選んだのは、「ポーチタイプ」

母子手帳ケース

たくさんの種類の中から私が選んだのは、「ポーチタイプ」の母子手帳ケースです。
もともとは雑誌の付録でした(リンネル2017年12月号付録・ ムーミン×マーブルシュッドポーチのセット)。
このうちの「フラットポーチ・大」を使っています。

サイズは高さ20cm×幅27.5cmと大きめ。
マチはありませんが全体的に大きいので、
ものがサッと出し入れしやすいサイズとなっています。

母子手帳ケース

中には以下のものを収納しています。

  • 母子手帳
  • お薬手帳
  • スケジュール帳
  • ファイル

ファイルは、診察時にもらったエコー写真や、血圧測定の結果を持ち帰るときに使っています。

ポーチタイプのおすすめポイント

ズバリ「ざっくり素早く収納できる」ところです。

収納が細かいタイプは決まったポケットにキッチリ収めないといけないので、
私の場合混雑する受付や会計のときに慌ててしまう恐れがあります。
なので、サッと入れるだけで済むようになっていた方が
個人的にはすばやく動けます。

薄くてバッグの中でも場所を取らないので、持ち運びも便利でした。

どうやら細かく仕分けして収納するよりも、
ざっくりまとめて入れていく方が私の性格に合っている様子です^^

専用のケースはいらない? 自分に合うものを選ぶのが一番!

専用のケースももちろん良いですが、
そういったものを買わなくてもちょうど良いものが付録で手に入りました。
大きさに余裕があるのも良いところだと思っています。

母子手帳ケースとしての役目を終えた後も、
バッグの中のゾーン分けに使えそう♪

皆さんも、実際に収納するものや持ち歩きのしやすさをイメージして、自分にぴったり合ったものを見つけてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA