NHKスペシャル「”ゴースト血管”が危ない」チェック方法、復活・改善方法等をまとめました

2018年5月1日

スポンサーリンク

NHKで2018年4月1日に放送された「NHKスペシャル”ゴースト血管”が危ない」
とても興味深い内容でした。

↓前回の記事はこちら。

若さ、美容への影響のみならず、
アルツハイマー型認知症の原因にもなるというゴースト血管。
なるべく対策していきたいところです。
今回は、自分用の備忘録として放送内容をざっくりとまとめてみました。

ゴースト血管

スポンサーリンク

ゴースト血管とは。症状のおさらい

若さや健康に影響を及ぼすゴースト血管。
どんなリスクが高まるのか、おさらいです。

美容に直接かかわってくるのは、
薄毛やシワ、皮膚のたるみ。
いわゆる加齢で出てくる症状の進行が早まるようです。

外見以外の症状としては腎臓・肝臓の機能低下、
骨粗しょう症や認知症(アルツハイマー型)の進行が早まる
などがあります。
毛細血管がゴースト化してしまうと薬なども患部に届きにくくなるので、
抗がん剤治療が効きにくくなるという害もあるそうでした。

特に注意が必要な、認知症への影響

認知症に関しては、
白質病変の増加、脳の老廃物排除機能の低下という二つの事柄に影響を与えます。

まず白質病変についてですが、
これは脳の虚血性疾患で、
脳血管に血が巡らないことで血管が変化してしまった状態だそうです。
ゴースト血管と似たような状態(むしろそのもの?)です。
老化すると誰しも出来てくるものらしいのですが、
血管のゴースト化が進んでいる人はそうでない人より白質病変箇所が多くなるとのこと。
これが多い人は認知症になりやすい傾向があるらしいので、
注意が必要です。

また、血管のゴースト化が進んでいる人は、
脳の老廃物(アミロイドβ)の排除機能が低下します。
それにより蓄積した老廃物によって、
アルツハイマー型認知症が誘発されるというリスクもあります。

NHKのサイトで危険度チェックをしてみましょう

NHKのサイトで危険度チェックができます。
普段の生活習慣から、どの程度リスクがあるかチェックできますよ^^

私が番組放送中に確認した結果は、
8点で高リスク。
運動が出来ていないところなどが難点でした。

夫も試したそうで、6点で中リスク。
通勤で歩く時間もカウントしてOKというのが効いたそうです。
でもあまり安心して良い数字ではないかも?

夫婦で対策していかないといけませんね^^;

ゴースト血管の原因は?

そもそもゴースト血管とはどうしてなってしまうのでしょうか。
簡単に血管のゴースト化とその悪影響についての仕組みを説明すると、

  1. 毛細血管に血が十分に行かなくなる
  2. 血管に酸素や栄養が行かなくなって死滅(←これが血管のゴースト化)
  3. 周囲の細胞も、血管が死滅したことで酸素や栄養が行かなくなって死滅

というものになります。

つまり、原因は「1.毛細血管に血が十分に行かなくなる」こと。
これは血液成分の漏れと血液の滞りによって発生します。

血液成分の漏れ

何らかの原因で血管がもろくなると、
そこから血液成分が漏れてしまい、末端まで届かなくなります。
この原因というのが、次の4つ。

  • 過剰な糖分
  • 加齢
  • 睡眠不足
  • 運動不足

加齢は仕方がないですが、その他は生活習慣で防げそうですね。

血液の滞り

血液の流れが滞ると、これまた血液が末端まで届かなくなります。
この原因のメジャーなものとしては次の3つ。

  • 高血圧
  • タバコ
  • 運動不足

こちらも生活習慣で防げそう。
我が家は元々タバコは吸いませんしね^^
運動不足は両方に関わるところなので、特に重要な要素です。

ゴースト血管の対策。改善・復活の方法は?

原因がわかったところで、対策についても放映されていましたね。
以下の3つが効果的な対策として紹介されていました。
私も今後の生活になるべく取り入れていきたいと思っています。

対策1:スキップでお手軽体操

ガッテンでもやっていましたね!
ふくらはぎは第2の心臓ともいわれる部位で、
しっかり動かすとポンプの働きをして全身の血行を良くしてくれます。

紹介されていた方法は1日3回、20回ずつその場でスキップすること。
これによって血流量がアップして、血管の壁が強くなるようです。
スキップするのが大変な人は、カカトの上げ下げでもOKだそうですよ^^
ちなみに無理して運動すると、
かえって活性酸素が血管を壊すのでほどほどが大切なようです。

対策2:深呼吸で血流アップ

入院中で運動できない今、これが私にとって一番の対策ですね。
深呼吸をすることで血行を良くする効果と、
いっぱい酸素を取り込んですみずみまで届かせる効果が期待できるようでした。

対策3:シナモンやルイボスティー!? 食べ物飲み物、漢方薬

ゴースト血管予防・改善に役立つ成分が研究されているようです。
中でも効果が高かったのが漢方薬のケイヒエキスとのこと。
なかなか漢方薬を飲むのはハードルが高そうですが、
シナモンやルイボスティーに含まれている成分でも細胞レベルでは効果がみられたそうです。

人での効果の実証はまだまだ研究中のようですが、
ルイボスティーは元々好きなので効果があればラッキーです^^

ただし妊娠中のシナモンや漢方薬は気をつけた方が良いですね。
妊娠中にシナモンを多く摂ると良くないと聞きますし、
お薬は赤ちゃんに影響があるようなものも少なくありません。
特にお薬については素人判断せずに、お医者さんに意見を求めた方が良いと思います。

早め早めの対策で健康に生きる

やっぱり番組を見ていると危機感が湧いてくるもの。
ゴースト血管について、
生まれてくる赤ちゃんのためにも今後はなるべく対策していきたいなと思いました。
早めにやっていれば、健康リスクも低下させることができるはず。
毛細血管美人を目指してがんばろうと思います^^

それから余談にはなりますが、
スキップを続けたグループの中には、
効果が上がらなかった人も数名いらっしゃいました。
その方々がどうして効果が出なかったのか(症状が進み過ぎていたとか?)、
効果がなければ他にどんな対策をすれば良いのかが気になります。
どこかで追跡取材してほしいなと思っています。

以下のランキングサイトに参加しています。
クリックで他の人気ブログも見られます♪

にほんブログ村 マタニティーブログへ

スポンサーリンク