楽天スーパーセール2018 開催中!

吸引分娩&会陰切開が医療保険適用になり保険金が出た!いくらもらえたか公開します

医療保険 給付金

私は長女を自然分娩で出産したのですが、会陰切開+吸引分娩という医療処置を受けたことで医療保険の給付金がもらえました。
その額、なんと25万5,000円!

通常、出産にかかわることは医療保険の対象にはなりません。
ですが、吸引分娩や帝王切開など、正常分娩(自然分娩)以外の出産をした場合は、医療保険が適用されることもありますよ。

この記事で分かること
  • 出産で保険金がおりた私のケースがどんな感じだったか
  • 医療保険の請求の流れについて

吸引分娩の方法は?どんな理由で行われるの?

吸引分娩は、あと少しで赤ちゃんが生まれるところまで来ているけど、微弱陣痛によりお産が長引いていたり、母子ともに衰弱していたりする場合に行うものです。

具体的には専用のカップを使って赤ちゃんを引っ張り出すという方法。
これによって赤ちゃんが出てくるまでの時間を短縮するのです。

私の場合も微弱陣痛が続き、このままだと産まれないね……ということで、急遽吸引してもらうことになりました。

自然分娩は適用外?保険が適用されるケースは?

妊娠・出産は病気ではありません。
そのため通常であれば、健康保険や民間の医療保険は適用されません。

ですが、出産時に医師が医療行為を行った場合、これらに対して保険が適用される形となります。

吸引分娩に限らず、以下の場合などが適用対象です。

  • 鉗子(かんし)分娩
  • 会陰切開・縫合
  • 帝王切開
など。異常分娩と呼ばれる産科手術です。

これらは全て健康保険の対象です。
ただし、医療保険の場合は契約内容によっては対象外となるのでご注意ください。

ちゃみ

私も、会陰切開・縫合は、アフラックの医療保険対象外でした。

吸引分娩での出産費用はいくらだった?

吸引分娩と会陰切開・縫合そのものの費用は12,600円(薬代などは別)。
さらに出産の時間が深夜帯だったため、1.8倍の22,680円でした。

計算式は以下のとおり。
わかりやすくするため、正確でない部分もありますがだいたいこんな感じです。

(吸引分娩2550点+会陰切開・縫合1650点)×10(円)×1.8(深夜割増)×0.3(健康保険)
22,680円

1点=10円なので10倍、
手術は深夜に行うと1.8倍、
健康保険の負担額が3割なので0.3倍となっています。

手術の代金だけだとこんな金額です。
健康保険対象の医療行為については基本的に金額が全部決まっているので、手術の内容が同じなら、手術料金については同じ金額になります。

この費用のほかに薬代などや、通常の分娩費用がかかっています。
なので、最終的な合計金額は産院によって異なると思いますが、56,8610円でした!

ちゃみ

けっこうな額ですよね!
※分娩の料金はそれぞれの病院で決めています。

第一生命とアフラックで医療保険の給付金として戻ってきた額に驚き!

私の場合、以下の2種類の保険に加入しています。
第一生命の生命保険と、アフラックの医療保険です。

第一生命の生命保険
疾病入院給付金:20,000円(2日間×日額10,000円)
手術給付金:200,000円(日額10,000円×倍率20倍の手術※入院を伴う手術)

出産のために入院した7日間のうち、
5日間の入院は疾病扱い(公的医療保険適用)とならず、疾病の治療を目的とした入院にならないので、入院給付金の支払い対象にはなりませんでした。

アフラックの医療保険
疾病入院給付金/短期:35,000円(7日間×日額5,000円)

こちらは、7日間の入院が給付金の支払い対象となりました。
会陰裂創縫合術(筋層に及ぶもの)の手術給付金は支払い対象外でした。

合計:255,000円

これに、健康保険組合の出産一時金430,000円をプラスすると685,000円。
分娩費用が568,610円なので、116,390円がプラスになったことに。

ちゃみ

痛い思いをしたけど、嬉しいです!

吸引分娩など異常分娩での医療保険の請求方法は?

まず、退院時に請求書で「手術の点数」が付いているか確認しましょう。
お会計時に受付の人に聞いてみるのも良いかもしれません。

点数が付いていたら、保険の下りる手術かどうか保険会社に問い合わせてみてください。
病院に書いてもらう診断書を送付してもらえるかと思います。

医療機関記入の診断書を保険会社に提出する

保険会社から診断書をもらったら、それを持って病院へ。
窓口などで診断書の作成を依頼します。

診断書作成料は病院によって異なりますが、だいたい5,000円前後だと思います。
保険会社によっては診断書料を負担してくれる場合もあるので、要チェック!

作成には1週間くらいかかるところが多いです。
受け取ったら、必要書類とともに保険会社に郵送します。

吸引分娩&会陰切開でも医療保険の保険金で差し引きプラスに

万が一出産時にトラブルがあると、予想もしていない出費が出てしまいます。
ですが、保険に入って対策さえしておけば、健保の出産一時金をオーバーしても補填できるので安心です。
場合によっては今回のケースのように、差し引きでプラスが出てくれることも。

少し日が開いてしまっても、さかのぼって請求できることもあるので確認してみてくださいね!

▼切迫流産・切迫早産+微弱陣痛+会陰切開+吸引分娩を体験した私の出産レポです!
babyhascome初産の出産レポ1:予定日に子宮口は1センチしか開かず、陣痛の痛みに苦しみました

▼切迫流産・切迫早産でも医療保険がおりました!
切迫流産・切迫早産の入院費切迫早産&切迫流産の入院費まとめ。アフラック・第一生命の保険給付金でプラスに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA