楽天スーパーセール2018 開催中!

ネントレを新生児から始めて成功。赤ちゃんが寝る泣かせない方法教えます

ネントレ

我が家の娘は、新生児期からネントレを始め、生後1ヶ月めくらいまでに夜の間はぐっすり寝る習慣がつきました。

ひとつのやり方を実践しているわけではなく、アメリカ式(ジーナ式)、アフリカ式、フランス式など……複数の育児書を参考にしながらの試行錯誤!
おかげで夜間のぐずりもナシで助かっています。

この記事で分かること
  • 基本にしている赤ちゃんのねんね・生活スケジュール
  • ぐっすり眠ってもらうために気をつけていること

ネントレ効果で、赤ちゃんの夜中のぐずりナシを目指す

夜まとめて寝て朝起きる、という普通のねんねが確立するのは2歳ころ。
それまで赤ちゃんはまとまって眠れず、寝ぐずりや夜泣きで上手に眠れません。
そうなると、パパママはちょっと困りますよね。

私はまとめて眠れないとすぐ体調不良になったり寝落ちしてしまう(!)ので、
夜はちゃんと寝たいという気持ちがありました。

ちゃみ

私は月~土までほぼワンオペです。親戚にも頼れないので、眠くて倒れるわけにはいかないのです><

娘が将来元気に学校生活を送るためにも、早くに寝る力をつけてあげたいと思ったのも理由。

そこでネントレ(ねんねトレーニング)の本をいろいろ読んでみました。

が。

細かくスケジューリングしなければいけないものばかりで、
実践は……ムリ!!!

なんとかおおざっぱにやれないかと次々に本を読んでいったところ、ネントレの共通点を見つけることができました。

ネントレのやり方の共通点=規則正しいスケジュールを習慣づけることが基本!

  1. 『早寝早起き』で、
  2. 『授乳(離乳食)、遊び、睡眠の規則正しい生活リズム』を、
  3. 『習慣づける』こと。

特に必要なのはこれらの要素で、これを取り入れれば赤ちゃんがまとまって寝てくれるという感じなようです。
夜の寝かしつけもすんなりいくそう。

我が家も、この3つの要素を生活に取り入れてみました。

娘の睡眠環境。同じ部屋で寝ています

我が家は2階建て。
寝室は2階にあるのですが、娘がまだ小さいため、何かと都合が良い1階のリビングを寝床にしています。

娘はベビーベッドで、私はその隣に布団を敷いて寝ています。

ちゃみ

ネントレでは別室に寝かせるのが理想なようですが、1階には部屋がないので……。

日中はお昼寝マットで過ごすことも増えました。

2ヶ月時点での赤ちゃんのタイムスケジュール例

生後83日(2ヶ月)時点のスケジュールです。
3ヶ月のいまも、こんな感じです。

時刻過ごし方
7:10起床、授乳
9:00授乳
9:30お昼寝
11:40授乳
12:00遊び
13:00お昼寝
14:00授乳
16:00お散歩(5~30分)
17:00授乳
19:00お風呂⇒授乳
20:30授乳、就寝
22:50授乳

赤ちゃんの規則正しい生活リズムのために心がけたこと

なるべく規則正しい生活リズムをマスターしてもらうために、明るさや音などの刺激を時間ごとにコントロールしています。

基本的には、娘のペースに合わせて。
でも、こちらから働きかけることは時間を決めてやるようにしています。

新生児~2ヶ月の間に心がけたこと

生活の基本

  • 朝はLDKのシャッターを開け、朝日を入れる
  • 夜はLDKのダウンライトを暗くする。リビングは消灯する
※昼夜の区別がつく環境にする狙い

遊び

  • 語り掛けとスキンシップ
  • 日中になるべく外気浴を5分くらいする。できなければ窓から外の様子を見せる

▼0ヶ月~1ヶ月に遊んだ内容は、こちらの記事にまとめてあります!
0ヶ月の遊び【新生児の遊びと発達】0ヶ月でもたくさん遊べた♪遊び方21種類を紹介

お昼寝

  • 生活雑音はそのまま
  • 明るさもそのまま

夜の過ごし方

  • 話声はひそひそ
  • お風呂後は遊ばない
  • 安眠ケアを期待して、ラベンダーのアロマオイルをベッド周りにちょんちょんつける

3ヶ月~心がけたこと

生活の基本や夜の過ごし方は同じです。

遊び

  • 刺激を与える全身運動をする
  • 手足を自発的に動かして遊ぶように誘導する
  • 天気の良い日は外気浴をする
  • 一緒に近くのコンビニまでお散歩する

音楽をかけながら話しかけると、ズンズン手足を動かすことが多いです。
また、色の濃いおもちゃは反応が良くて、たくさん遊びます。

お昼寝

  • あまり夕方遅い時間は控える

ネントレ成功のポイント。特に重要な要素はコレ!

入浴はどんなに遅くとも19時半までに出るように。
遅すぎると覚醒して寝付きにくいです。

また最初の頃、夜間の授乳が必要だったときは、授乳ライトを赤ちゃんの目に入りにくい位置に置いて行っていました。
まぶしいとおめめパッチリで起きちゃうようなので……。

▼IKEAのランタンは、明るさじゅうぶんで使える授乳ライトです!
IKEAのLEDナイトライト授乳ライトはIKEAのLEDナイトライトが安くておすすめ。災害時もお役立ち

夜の寝かしつけのときは夫にも協力してもらいました。
本音は娘と遊びたいパパですが、夜は娘をそっとするように我慢してくれています。

残業などで遅くに帰ってきた夫には悪いのですが、夜はなるべく静かに過ごさせてあげることが快眠の秘訣。
この辺りは、眠れる子にするという意識を夫婦で共有することが必要ですね。

もし赤ちゃんが夜中起きてしまったら。泣いても様子を見てから臨機応変

もし、夜中に起きてギャン泣きしてしまったら、5分くらいであれば眠るのに抵抗しているだけという可能性があります。
なので焦って抱き上げたりせず、まずは5分だけ様子を見てください。

それ以上はおなかが空いていたり、おむつを替えてほしかったりという、何か眠気以外の理由があるかもしれないので、赤ちゃんの状態をチェック。
目覚めた原因に対処してあげることが大切です。

そのあと自然に眠らなければ、
抱っこしてユラユラ⇒ベッドに戻す
という感じで寝かせてあげます。

2ヶ月後半から、縦抱っこを好むようになったので、縦抱っこでユラユラしています。

ちなみに、娘はおくるみが苦手です。
落ち着かせるために巻いても、いやいやと抜け出そうとするので、抱っこで対処しています。

それでも眠らず、夜中起きてしまったら

そのまま起こしておきます。
ただし、灯りは落として少し暗い中で。
ガーゼハンカチなど、色が控えめで刺激になりにくそうな遊びグッズを渡します。
これで、少し遊んで満足して寝ることもあります。

泣かせておくネントレもありますが、泣き続けてストレスがたまってしまうと脳の成長に影響があるのでは? と考えていて、私は長時間ほうっておかないようにしています。
娘には、ほっとした気持ちで幸せを感じながら眠ってほしいんです。

我が家のネントレやり方。まとめはこちら

まとめると、

  1. 早寝早起き
  2. 朝の始まりのために、朝日を入れる
  3. 毎日同じようなリズムで生活する
  4. 日中は遊びで全身運動
  5. 夜は暗くして一日の終わりを意識づける
これらを習慣化することを意識してやってきました。

あと、日中から夜までは母乳栄養なのですが、23時に寝る前のみ母乳+ミルク(夜は疲れからか母乳の出が悪いので)。
ミルクの方が腹持ちが良いと聞くので、その辺も深い眠りに関係しているかもしれません。

夜中に静かでママも一安心

この辺のことをやったおかげか、だいたい安定して眠ってくれます。
魔の3週目のときも、幸い真夜中に起きたりはしなくて、寝る時間が少し遅くなるぐらいでした(起きてるうちはギャン泣きで、子育てに慣れていない私はパニックになりましたが……)。

▼魔の3週目の体験談を語っています。
魔の3週目 ギャン泣き魔の3週目で寝ない赤ちゃんにパニック&ノイローゼになり辛かった夜

決まった時間以外で起こされることが少なくて済んだと思います。
段々眠る時間も長くなるもので、午前3時の授乳も午前5時、6時と遅くなって、2ヶ月過ぎには朝ごはんどきまで飲まずに寝るようになりました。

成長するにつれてまた状況が変わってくると思うので、その後どうなったかについてもまたレポートしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA