急な寒気と手の痺れは「悪寒戦慄」かも。突然起こる震えの原因、対処方法は?

急な寒さは悪寒戦慄

先日のこと。
お風呂上りに突然の寒気におそわれ、全身の震えと手の痺れを感じました。

この記事では、意外と経験している人も多いという「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」について、原因や対処法をまとめています。

思い出すのも恐ろしい、死を覚悟した「急な寒気」

お風呂であたたまったあとだというのに、突然の寒気。
全身が痙攣のように大きく震えました。
神経がちぎれるような手の痺れもあって、着替えも手に取れません。

正直なところ、死ぬかもしれないと思いました。
普通の寒気とは全然違います(ちなみにそのとき、近辺のエアコンも切っていました)。

何とか着替えて夫を呼びましたが、鏡を見ると唇の色が真っ青。
夫によれば、手の色が血の気のない黒っぽい色だったそう。
一人のときでなくて良かったです。

温かいブランケットにくるまってすぐに布団に入っても、しばらく寒気はおさまりませんでした。
幸い、温かい飲み物を飲んだりしているうちにおさまりましたが……。

あとでネットで調べてみると、「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」という症状があることが分かりました。

悪寒戦慄(おかんせんりつ)とは

悪寒戦慄とは発熱初期に起こる悪寒に加えて身震いもしくは震えも起こるもので、骨格筋が等尺性の収縮をすることで生じる。
体温が下がった時に筋肉を震えさせることで熱を発生させ、体温を保とうとする生理現象。
痛みと鎮痛の基礎知識 – Pain Relief ‐体温調節|滋賀医科大学

主に風邪やインフルエンザでの発熱初期に起こるそうです。
身体を温めるための自然現象なんですね。

悪寒戦慄が起きる、風邪以外の原因

私の場合は熱が上がりませんでした(普段風邪を引くとすぐパッと熱が出るのですが)。

調べてみると、風邪以外にも要因があるそうです。

悪寒戦慄の原因1:自律神経の乱れ

自律神経の乱れによって体温調節機能がうまく働かなくなり、風邪などのように悪寒戦慄が起きるそうです。
ストレスが原因の場合が多いので、リラックスすることが大事とのこと。

悪寒戦慄の原因2:更年期障害

更年期になると女性ホルモンの減少によって自律神経が乱れて、悪寒戦慄が起こることもあるそうです。
年齢的に私は当てはまらないと思いますが(30代)、今後のために参考になりました。

注意
特に、産後のママは体が治りきっていないことや育児のストレスで、自律神経が乱れたり、ホルモンバランスが崩れたりします。悪寒戦慄にならないよう、体も心も休めるようにしてくださいね。

私の場合は何が原因だった?

結局なにが原因かはっきりとは言えませんが、自律神経の乱れから来たのかもしれません。
生理前でPMS(月経前症候群)と思われる不調があり、体調が良くなかったように思います。

悪寒戦慄の治し方は?対処方法はあるの?

悪寒戦慄それ自体は、致命的なダメージになることはないそうです。
なので、まずは気持ちを落ち着かせることが大切。

ただし風邪や自律神経の乱れなど、前述の理由に心当たりがない場合は注意が必要です。

場合によっては、虫垂炎や肺炎、食中毒などさまざまな病気が原因であることもあるとか。
重篤な病気の初期症状であることもあるそうなので、繰り返し悪寒を感じるなど、少しでも心当たりがあったらすぐに病院にかかることが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA