Amazonギフト券3000円が子どもの習い事無料体験でもらえる!

ワンオペお風呂にもう悩まない!私一人でできた月齢別の手順とコツ・便利グッズ

ワンオペお風呂の手順とコツと便利グッズを紹介

赤ちゃんのお世話で特に大変なのは「お風呂」ではないでしょうか?
特にママやパパが一人で入れるときは、やることが多くてうまく段取りをしないとあわててしまいますよね💦

うちは夫の帰りが遅く、土曜日も仕事なので、娘が新生児の頃からほとんど私が一人で入れてきました。
最初は悪戦苦闘したものの、段々とコツがつかめるように。
今ではワンオペお風呂も怖くない! と言い切れます🎵

そこで、ママやパパが子供を一人でお風呂に入れるときの手順・コツを発達別(月齢別)にまとめました。
兄弟を入れるときや、一人で入れやすい便利グッズの紹介もしています。

ちゃみ

ワンオペお風呂が不安な方、ぜひ参考になさってくださいね。

赤ちゃんのお風呂、時間や温度の目安をおさらい

まずは大前提!
赤ちゃんをお風呂に入れるときに大切なこと3つをおさらいしましょう。

入れる時間

  • 赤ちゃんが寝る1時間前までを目標に入れる。

お風呂に入れた直後は体温が上がり、スムーズに寝つけません。
時間帯も毎日同じにするほうが、生活リズムが整います。

お湯の温度

  • 38℃~40℃

赤ちゃんは大人より体温が高く、のぼせやすいです。
少しぬるいかな? と感じるくらいが赤ちゃんにとっての適温です。

お湯につかる時間

  • ねんね期:2~3分
  • それ以降:5分以内

のぼせの原因になるので、長湯は避けましょう。

こぼれ話

入れる時間について
最初はワンオペお風呂が怖くて夫の帰りを待って入れていたのですが、夜遅いので寝つきが悪く、深夜まで寝かしつけに時間がかかっていました。

赤ちゃんが寝る1時間前までを目標にしたら、お風呂上りにまったり母乳を飲んで、寝てくれるようになりました。
お湯の温度とつかる時間について
あまり長く浸かっていると、赤ちゃんはすぐのぼせます。
うちの子は入浴後にじんましんが出てしまったことがあり、ドクターにお湯の温度を下げるように言われました(温熱じんましんだそうです)。

少しぬるめで5分以内、と覚えておきましょう!

入浴前に準備すること(どの月齢でも同じ!)

入浴前に準備することは4つです。

  1. お風呂付近やお風呂後にケアをする場所の室温の調節
  2. 赤ちゃん用待機スペースづくり
  3. 着替えとおむつの用意
  4. 浴室の準備

お風呂付近やお風呂後にケアをする場所の室温の調節

湯上りに寒さを感じると湯冷めしてしまいます。
お風呂に暖房が付いている場合は入れておいて、脱衣所も暖かくなるようにすると良いですよ!
お風呂のフタをあけてお湯をためるだけでも、浴室は温まります。

赤ちゃん用待機スペースづくり

お風呂に入れる前後の赤ちゃんの居場所を確保します。
うちはお風呂上がりのバスタオルを広げて脱衣所の床で待機させていましたが、

  • バウンサー
  • ハイローチェア
  • バスチェア
などにバスタオルを広げて待機させるのも良いと思います。

活発に動くようになると、じっと待機せずこんな状態に……。

ワンオペお風呂で脱衣所で待つ赤ちゃん

脱衣所で待機中の娘

床には余計なモノを置かないようにし、事故を防ぎましょう!

着替えとおむつの用意

着替えスペースに肌着・ウエアを広げて、着せやすいように用意しておきます。

着替えをバスタオルの下に広げ敷いておくという方法もあります。
でも、髪の毛が多い子だと水分で着替えがしっとりしちゃうんですよね(うちの娘もビショビショに……💦)。
やりやすいところに準備しましょう。

ちゃみ

うちはリビングのベビー布団の上で着替えています。

浴室の準備

赤ちゃん用シャンプーや沐浴布、手おけなどを取りやすい位置に置いておきます。

これで準備はOK!
ママ・パパ自身の服の用意なども忘れずに🎵

ワンオペお風呂手順【ねんねの時期】

ねんねの時期の月齢:生後0・1・2・3・4ヶ月ごろ
  • 手順1
    赤ちゃんを待機させる。
    脱衣所などに赤ちゃんを待機させておきます。
  • 手順2
    大人の体を洗う。
    まずは先に大人が入って髪や体を洗います。
    洗い終わったら体を拭き、赤ちゃんの服を脱がせて浴室に連れていきます。

    ※うちは大人の顔が見えなくなると泣き出すので、いつも浴室のドアは開けっ放しで入っています。
    声が聞こえるのも安心するみたいです。
  • 手順3
    手おけ(洗面器)でお湯に慣らす。
    赤ちゃんの首が座っていない場合は太ももの上で横抱きにします。
    弱めのシャワーでも良いと思います。
  • 手順4
    赤ちゃんの体を洗う。
    最初にやっておきたいのが、「お尻を洗う」こと!
    ベビーバスなどに寝かせてしまうと、お尻まわり密着してが洗いにくいんです。
    ですので、先にベビーシャンプーでお尻まわりの汚れを洗っておくと良いですよ!

    その後は、赤ちゃんをベビーバスに寝かせた状態で洗っていきます。

    他の洗い方としては、

    • 低月齢でも使えるバスチェアに座らせて洗う
    • 赤ちゃんを大人の太ももの上に寝かせて洗う

    などがあります。

    太ももの上に寝かせて洗う場合、タオルを敷いてから赤ちゃんを乗せると滑りません。

  • 手順5
    湯船に浸かる。
    生後1ヶ月検診でドクターからOKが出れば、赤ちゃんと湯船に浸かれます。
    お湯につかるのは、2~3分程度にします。

    声掛けをしてコミュニケーションを楽しんでみてくださいね🎵
  • 手順6
    体を拭く。
    湯船から出たら、赤ちゃんの体をバスタオルで拭きます。
    おむつをつけて、バスタオルでくるんでおいてあげましょう。

    その間に自分の髪と身体を拭き、服を着ます。

    ちゃみ

    バスローブはあると便利!
  • 手順7
    赤ちゃんのケアと着替えをする。
    赤ちゃんをバスタオルにくるんだまま着替えスペースに連れていきます。
    そのままスキンケアと着替え。
    赤ちゃんの肌はすぐに乾燥するので、5分以内を目安に保湿しましょう!

ねんねの時期のワンオペお風呂の便利グッズ

お風呂用スポンジマット
我が家では空気を入れてふくらませるタイプのベビーバスを使用していましたが、首を支える部分がないので、しっかりしないうちは支えるのが大変でした💦
スポンジマットを使うと寝かせて洗うことができて、一人のときも安心です!

大人が体を洗っているときに赤ちゃんがぐずる……。
よくあることだと思います。
バウンサーやハイローチェアにおもちゃがついていると、ご機嫌で遊んでくれることもあります!

ワンオペお風呂手順【おすわり・ハイハイの時期】

おすわり・ハイハイの時期の月齢:生後5・6・7・8ヶ月ごろ

基本的なところはねんねの時期と同じです。
お風呂の外で赤ちゃんを待機させて、大人の体を洗います。

次に、手おけ(洗面器)でお湯に慣らしたら、お尻を洗ってあげます。
そのあとはバスチェアに座らせて全身を洗ってあげましょう。

注意としては、お風呂の外で待たせるときにバスチェアには座らせないこと。
体を動かすことを覚えた赤ちゃんは、バスチェアから落っこちてしまう危険があります。

それと、色々なものが脱衣所にあると思わぬ事故につながります。
あらかじめ赤ちゃんが危ないものに触らないように片付けておきましょう。

おすわりの時期のワンオペお風呂の便利グッズ

待たせるときには使わない方が良いですが、浴室で洗うときはバスチェアが便利!

▼ベビーザらスのバスチェアは6ヶ月という早い時期から使えて重宝しています🎵
空気入れ不要でどこでも膨らませられるので、お座りの練習も出来て一石二鳥でした!

ワンオペお風呂の便利グッズのバスチェア

※リンク先では対象年齢が7ヶ月~となっていますが、パッケージには6ヶ月~と記載があります。

ワンオペお風呂手順【立っちの時期】

立っちの時期の月齢:生後9ヶ月ごろ~

この時期はとにかくじっとしていない
自分で動けるようになるので、転倒などの危険も……。

赤ちゃんと一緒に浴室に入るのが安心です。

  • 手順1
    一緒に浴室に入る。
  • 手順2
    お尻を洗う。
    浴槽か大人の体につかまり立ちさせ、お尻まわりを洗います。
  • 手順3
    赤ちゃんの体を洗う。
    そのまま赤ちゃんの機嫌がいいうちに体を洗います。
  • 手順4
    大人の体を洗う。
    浴槽から離したところに座らせて遊ばせている間に自分の体を洗います。
    冬で寒いなら時々かけ湯をしてあげても良いと思います。

    ちゃみ

    ぐずってきたら、髪の毛を洗うのは家族の帰宅後にしても。
    私も目が離せなくて体だけ先に洗うことが多いです💦
  • 手順5
    湯船に浸かる。
    5分くらいを目安に浸かりましょう。
  • 手順6
    体を拭く。
    湯船から出たら、赤ちゃんの体をバスタオルで拭きます。
    おむつをつけて、バスタオルでくるんで待たせます。

    その間に自分の体を拭き、服を着ましょう。
  • 手順7
    赤ちゃんのケアと着替えをする。
    赤ちゃんをバスタオルにくるんだまま着替えスペースに移動します。
    スキンケアと着替えをして完了です!

立っちの時期のワンオペお風呂の便利グッズ

大人の体を洗っているときに、お風呂用おもちゃで遊んでいてもらうとやりやすいです。

お風呂用おもちゃ
ワンワンのシャンプーボトルつき💕

すべてが柔らか素材でできているので、月齢の小さい子でも安心です。

浴槽で遊ぶものではなくて、床でも遊べるものを選びます。
溺れないように、くれぐれも浴槽には近づけないようにしましょうね💦

フード付きタオル

赤ちゃんにさっと着せられて水分を吸収してくれるフード付きタオルは便利です。
ボタンも付いているのでずり落ちる心配もなし!

我が家では上に載せた日本製・コンテックスのフード付きバスタオルを愛用しています。
くま耳やポンポンがついて可愛いです🎵

ワンオペお風呂の気になることQ&A

自分がゆっくりお風呂に浸かれないときどうする?

ひとりで入れる時間を設ける!

湯船に浸かる時間が短いので、大人にとっては寒いこともありますよね。
私は夫が帰ってきた後に娘を任せ、ひとりでお風呂に入れる時間を設けたりしていました。
赤ちゃんが安全に待っていられるなら、自分がゆっくり浸かった後に赤ちゃんを入れるという手もあります。

ちゃみ

娘がご機嫌で待機しているときは、浴室の扉を開けたまま様子を見つつ浸かっていました!

生理中の場合はどうする?

湯船には入れなくても洗うのは可能

私は下着をつけたまま赤ちゃんを入れていました!
もちろん湯船には入れませんが……💦

終わりかけなら一緒に入れます。

お風呂の後片付けは?

家族に任せる!

ワンオペお風呂後って浴室内や脱衣所がすごいことになりますよね💦

脱衣所に敷いたタオルや浴室のバスチェアの片付けは、全部夫に任せていました。
夫がお風呂に入るタイミングで片付けてもらえばスムーズです。

兄弟をワンオペで入れなければいけない場合

大人一人で兄弟を入れなければならない場合は大変!

上の子が立てるまでは、別々に入れたほうが安全です。
上の子がしっかり立てるようになったら、下の子も一緒に入ります。

  • 手順1
    下の子は脱衣所で待機。
  • 手順2
    上の子を洗う。
    お尻⇒全身の順で洗います。
  • 手順3
    大人の体を洗う。
    この間、上の子は浴槽から遠ざけて座らせ、遊ばせておきます。
  • 手順4
    下の子を洗う。
    お尻⇒全身の順で洗います。
  • 手順5
    湯船に浸かる。
    お湯の量は、上の子の肩が出る位置がベストです。
  • 手順6
    体を拭く。
    下の子の体⇒上の子の体の順でバスタオルで拭きます。

    おむつをつけたら、自分の体を拭き、服を着ましょう。
  • 手順7
    ケアと着替えをする。
    着替えスペースに移動し、スキンケアと着替えをして完了です。

ママのためのワンオペお風呂の便利グッズ

ここでは、ママのためのワンオペお風呂の便利グッズを紹介します。

バスローブ

お風呂上りは赤ちゃんが湯冷めしないように急いでお世話しないといけません。
ママ自身も風邪をひかないように、さっと羽織れるバスローブがあると便利です!

速乾性が高いものを選べば、湯冷めもしづらいです。

ひよこクラブ掲載の大人気バスローブ。

珍しいインディゴカラーもあります。おしゃれ派パパママに。

かぶるだけなので簡単!

タオルキャップ

かぶるだけで髪の水分をどんどん吸収してくれるタオルキャップも便利です!
ドライヤーをする頃にはかなりの水分が吸収されているので、時間の短縮になるというメリットもありますよ🎵

ワンオペお風呂の入れ方・まとめ

以上、ワンオペお風呂の手順・コツをまとめてきました。
はじめは不安かもしれませんが、順番さえ頭に入れておけば大丈夫。

どうやったらスムーズか、イメージしてうまく段取りを決めることが大切です。
便利グッズも活用して、うまくやっていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA