稽留流産手術の体験談。9週で診断されるも自覚症状がなく気付きませんでした…

鳥

現在、一子のママになった私ですが、はじめての妊娠は稽留流産(けいりゅうりゅうざん)という結果でした。

当時、手術について不安な中、同じ手術を受けた方のブログをたくさん読ませていただきました。
すごく参考になりましたし、また、励まされました。
手術や術後の痛みについても、事前に知っているのと知らないとでは感じ方が違うと思います。
私自身、あらかじめ痛いものだと覚悟していたので、まだしも我慢できたという部分はありました……。

おどかすような文面になって恐縮なのですが、私の稽留流産体験もブログに記録しておこうと思います。

稽留流産手術に至るまで。エコーで異変が分かりました

生理が1週間以上遅れ、もしかしたら? と思い、市販の妊娠検査薬を試しました。
すると、陽性反応!
すぐに産婦人科で診察予約を取りました。

予約は地元の産婦人科専門病院で。
人気のためか混みあっており、電話から5日後の受診となりました。

産婦人科受診1回目。はじめてのエコーで胎嚢確認!

はじめての産婦人科、はじめての経腟の超音波検査。
丸い胎嚢がはっきり見え、先生も「妊娠確定とみてよいでしょう」と。
嬉しかったです。

このとき同時にクラミジアと子宮頸がんの検査も行いましたが、すごく痛かったのを覚えています(-.-)。

  • 妊娠日数:4w2d
  • 費用:12,770円
クラミジアと子宮頸がんの検査は健康保険の対象になるため高額ではありませんでした。
(健康保険適用の場合なので、個人負担は30%)
ただ、産科診察料(超音波検査)が全額自己負担となるため高かったです。

産婦人科受診2回目。胎児の大きさが小さい?

2回目の超音波検査では、前回見えなかった赤ちゃんの姿が確認できました。
また、心臓がピコピコと動いている様子も確認でき、自分の中に赤ちゃんが宿っているとことを実感した回でした。

が、赤ちゃんはかなり小さくて、拡大してやっと見える感じ。
この時期ではみんなそんなものだと聞くし、心拍が確認できたことで一安心でした(このときは……)。

  • 妊娠日数:7w0d
  • 費用:5,240円

産婦人科受診3回目。検査の結果を聞きに

クラミジアと子宮頸がんの検査結果を聞きに行きました。
どちらも陰性で問題なしでした。

産婦人科受診4回目。赤ちゃんが見えない

このときから、別の先生(流産手術も担当していただいた先生)に代わりました。

超音波検査がはじまり、何の疑いもなく、赤ちゃんの順調に育った姿が見えると思っていた私。
なかなか赤ちゃんの姿が見えません。
角度が悪いのかな? と思ったのですが、いろんな角度で検査しても見えませんでした。

やっと見えた赤ちゃん。
ですが、なんだかぼんやりとした形。
また、前回動いていたはずの心拍が確認できません。
先生によると、心拍は停止しており、血流も確認できないということでした。

残念ですが……と。
状況が飲み込めず、軽くパニックになっていた私。
検査台から降りると、先生がエコー写真を見ながら「稽留流産(けいりゅうりゅうざん)」について説明してくれました。

稽留流産の原因や症状とは

稽留流産の症状
  • 赤ちゃんの形が正常でない、心拍も止まってしまっており、お腹の中で死んでしまっている状態(心拍停止による稽留流産)。
  • 稽留流産の場合、子宮内容除去手術(掻爬手術)を行う必要がある。
    ※手術をせずに赤ちゃんが自然排出されるのを待つ方法もありますが、人により大出血を伴うことや、残された赤ちゃんがいることで子宮内で感染を起こす可能性があるそうです。
    さらに今後の妊娠に影響が出ることもあるとのこと。
    このため、この病院では前述の手術を行っているそうです。
  • 妊娠初期の流産はよくあること。5人に1人くらいの割合でなったりする。
    ほとんどが胎児の先天的な染色体異常が原因
    自然淘汰なので、どうすることもできない。

つわりや胸の張りがなくなるなどの兆候は何もありませんでした

赤ちゃんが、死んでいるなんて。

私の場合、兆候はまったく感じませんでした(稽留流産はそういうものらしいです)。
心拍確認後の流産は、確率が低くなるとも聞いていましたし。

  • つわりがなくなる
  • 胸の張りがなくなる
  • 基礎体温が下がる
  • 腹痛がある
  • 茶おりが出る
といったような気になる症状がなく、のん気にしていたのですが……。

話を聞きながら、信じられなくて、半分上の空だった気がします。
夫も同席していましたが、同じく動揺していました。

でももう起きてしまったことなので、どうしようもありません。
またの妊娠を早めに望みたいので、すぐに手術の予約を取りました。

  • 妊娠日数:9w2d
  • 費用:3,190円

その後、看護師さんから手術内容の説明を受けました。

稽留流産手術「掻爬手術(ソウハ手術)」の方法とは

稽留流産の手術は、子宮内容除去手術、掻爬手術、ソウハ手術といいます。
子宮の入り口(子宮頚管)を拡張して、子宮の内容物を機械的に除去する操作をします。

かかりつけの病院では入院が必要で、このようなスケジュールでした。

  • 1日目の朝に、ラミナリアを使い子宮頚管を拡張するための前措置
  • 2日目の朝に、掻爬手術を行う

病室については、個室と相部屋があるとのことでしたが、当日の空き具合によって当てられる部屋が決まるとのことでした。
ちなみに個室の室料差額は、1日につき11,000円。けっこうな差があります。

掻爬手術での入院時の持ち物

  • 子宮内容除去手術(掻爬手術)の同意書
  • 入院証書
  • 診察券
  • 生理用ショーツ、ナプキン数枚
  • 髪が長い方は、髪を結ぶゴム
  • 洗面用具、スリッパ、コップ(薬を飲むため)

診断後、すぐ手術の予約を入れました

入院日は、稽留流産と診断された翌日にしました。
悲しかったけれど、一刻も早く、次を望みたくて。

帰る前に「もし出血したり赤ちゃんが出てきてしまったら、すぐに連絡してください」といわれ、とても怖くなりました……。

その日はネットで同じ経験をされた方の体験談を寝るまで読みまくりました。

▼続きはこちらです。
鳥稽留流産手術の体験談。掻爬手術の前処置でラミナリアの出血・腹痛に苦しんだ入院1日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA