稽留流産手術の体験談。掻爬手術の前処置でラミナリアの出血・腹痛に苦しんだ入院1日目

鳥

妊娠9週で「稽留流産」との診断を受け、掻爬(ソウハ)手術を受けたときの体験談です。

今回は、掻爬手術前日に行われたラミナリアなどの前処置のことをまとめています。

▼前回の記事はこちら。
鳥稽留流産手術の体験談。9週で診断されるも自覚症状がなく気付きませんでした…

稽留流産入院1日目。掻爬手術の前処置でラミナリアを入れる

この日の処置は、手術をするための準備処置です。
手術は翌日の朝です。

何をするかというと、子宮口を広げるために「ラミナリア」という棒を挿入します。

MEMO
ラミナリアは3~4mmの細さですが、水分を吸うと膨張するので、子宮口を広げるために流産手術の準備措置として使われます。
通常の分娩でも使われることもあるそうです。

処置後に血が出るかもしれないので、あらかじめ下着にナプキンをつけておくように言われました。

●9:00 ラミナリア挿入
いつも超音波検査のために乗る台に乗って、処置を受けます。

ラミナリアの挿入は事前の調べでとても痛いと聞いていたので、本当に怖かったです。
実際はやっぱり痛かった!!!!!

経産婦だと痛さもなく入りやすいそうなのですが、私は出産経験がなく、子宮入り口が少し曲がっていて、ひっかかったとか。
細い棒ですが、ガッガッと弾かれているような感触にギャッ! となりました。

ただ、我慢できるレベルではありました。
また、処置中も先生が「あと少し」などと声かけしてくださっていたので、安心できたように思います。

それよりも痛かったのが、クラミジアと子宮頸がん検査のとき。
そのときは、先生も無口な方で……。
何をしているのかが分からない不安が、より痛みを強くさせていた気がします。

私なりに、ラミナリアの痛みを小さくするためにやったこと

  • お尻をしっかりと台におろし、足を楽にさせる
    ⇒足に力が入ると身体全体が強張り痛みを感じやすくなる気がします。
    お尻をしっかりおろすことで、足に力が入りづらくなります。
  • 息をゆっくりと吐き続ける
    ⇒フー、フーと、大きくゆっくり吐きます。
    ゆっくり息に集中すると身体に力が入りづらくなります。
  • しっかり目を開けて天井を見る
    ⇒目を閉じると余計に恐怖が襲ってくるので、目は開けた方が良いと思いました。

最終的に、ラミナリアは3本くらい入ったようです。
途中、水をかけたりしていたので、よく分かりません。
最後に膣にガーゼをつめられて、終わりです。

ラミナリア挿入後も腹痛が……泣。

挿入後すぐ! 生理2日目のような鈍痛がはじまりました。
本当に、重い生理痛のようです。
台の上に敷いてあるシートにも血がついており、一気に気分が悪くなりました……。

病室へ移動。個室でゆったり、あとは手術を待つだけ

この後、病室に案内されました。
ちょうど個室が空いていたので、個室を選択。
主人ができるだけ付き添ってくれるとのことだったので、個室を選択できて良かったです。
気兼ねなく話したりできますしね。

また、フロア自体もつわりや切迫流産・切迫早産などの人専用のフロアでした。
出産を控えている人のフロアは別の階。
当時はどうしても赤ちゃんの声が聞こえると悲しくなってしまっていたので、いくぶんか気持ちが楽でした。

手術のためにもらったお薬

  • ファロム(抗生剤)
  • ビオフェルミン(胃腸薬)
2つの薬を10:00、15:00、20:00にそれぞれ一錠ずつ服用するように言われました。
自販機でペットボトルの水を買い、持って来たコップで飲みました。

病室でのこと、そして衝撃。ラミナリアの痛みの原因はまさかのアレ?!

病室に移動してからも、お腹が痛い状態がずっと続いていました。

が!!!
トイレで”大”をした後、痛みがまったくなくなったんです!
おまけに、すごく気分までスッキリした感じ。

もしかしてラミナリアが出てしまったのでは……?!
と思い、看護師さんに見ていただいたのですが、ちゃんと入っていてひと安心。

ラミナリアは子宮口にひっかかるようにして入れてあり、またガーゼも鶏卵大なのでそうそう出てしまうことはないとのこと。

私の場合、”大”がお腹部分を圧迫して痛くなっていたのかも、と言われました。
恥ずかしい~!!

こんなこともあるので、痛みを少しでも減らすためには、”大”をした後で処置を受けたほうがよいかもしれません。

昼食・夕食。眠れない夜

スッキリした後は昼食♪
おにぎり3種をはじめ、バランスのとれた豪華なお食事です。
量が多いようにも感じますが、おいしくてすべてペロリでした。

夕食はアジフライ定食でした。
やはりおいしくてすべてペロリ♪

夕食後、一度は出社した夫が顔を見に来てくれました。
面会時間終了の20:00まで一緒にゆっくりしました。

21:00以降は絶食です。
特にすることもないので翌日に備えて布団に入ったのですが、緊張で全然眠れない!!!

夫とメールをしながら、自然と疲れて眠くなるのを待ってもダメ。
結局夜中の3:00くらいに眠ったと思います。
眠り自体も浅かったです。

▼続きはこちらです。
ame稽留流産手術の体験談。掻爬手術後も痛みと吐き気に苦しむ。病理検査の結果は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA