稽留流産体験談:掻爬手術後もしばらく経過観察。病理検査の結果は?

2018年9月13日

▼前回の記事はこちら。

鳥

手術後の経過観察。病理検査の結果も聞きました

手術3日後に経過観察14日後に病理組織検査の結果説明のため、通院しました。

●手術3日後
母体の経過を見るための通院です。
このときはまだ出血がありました。
相変わらずの経膣の超音波検査。
少し血が残っているものの、子宮はほぼ収縮していて問題ないとのことでした。

  • 費用:4320円(超音波検査代)

●手術14日後
子宮内容物の病理組織検査の結果説明のための通院です。
初期流産の手術では、必ず組織と赤ちゃんを病理組織検査に出すそうです。
絨毛性疾患(胞状奇胎など)や感染などの病気を見るために行っていると聞きました。

先生のお話では、
胎盤が変形していて、内容に赤ちゃんは含まれていなかったようです。
2回目の診察のときは少しはっきりとした形の赤ちゃんが見えたのですが、
亡くなってしまうと溶けて形が保てなくなってしまうとのこと……。

悲しいですが、病的な原因があったわけではないので、ひとまずは安心です。

  • 費用:370円(再診料のみ)

手術後の体調は順調

経過は順調そのもので、血もそれほど出ませんでした。
心配していた薬の副作用もありませんでした。

一番辛かったのが、
手術時に点滴がずれないように押さえてあったテープでかぶれをおこしたこと。
痛痒い状態が続き、かさぶたになってからが痒くて痒くて特に辛かった……><
1ヶ月経っても、あざのように残っていました;

全体の感想

以上、4回に分けて流産手術の体験について書いてきました。
最初は受け入れられませんでしたが
現在は、徐々に気持ちの整理ができつつあります。
流産という結果はやっぱり悲しい。
でも、妊娠できて、つわりも経験して……貴重な体験ができて、そのこと自体はよかったと思えます。

そしていま、可愛い娘が生まれました。
流産というつらいことがあって、切迫流産や切迫早産も経験したので、
常に不安を抱えたままの出産でした。
でも、つらかったけど、頑張って良かった。
我が子の顔を見ながらそう思います。

▼これまでの記事はこちら。



出産・育児についての情報ブログはこちら♪
にほんブログ村テーマ
☆初めての赤ちゃん☆ママ&パパ集まれ♪

**出産準備**

ブログランキングに参加しています♪
クリックで応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村 子育てブログへ