切迫早産が再発でまさかの再入院!早産マーカー陽性は体質なのか?

定期健診の際に切迫早産状態であるとわかって、なんと再入院となりました。

妊娠後期へ向かうにつれて、だんだんお腹が張りやすくなるとは聞いていたのですが、
しばしば張るのでお医者さんに聞いてみたら内診することに。
前回と同じく早産マーカーのうちの一つ、エラスターゼが陽性となったため、
切迫早産の診断で即入院となりました(泣)。
切迫流産・切迫早産の体験妊娠中期に切迫流産の診断!寝たきり・絶対安静の入院生活を体験しました

今回は再入院までの経過についてブログに書いていきます!

エラスターゼ陽性で念のため再入院。点滴も再開です

入院日の時点で、27週半ば。
先生によれば、
28週を過ぎないと地域のNICUで受け入れられず遠いところになる、
ということから何も起きないように入院としてくれました(これは私の住む地域特有の事情です)。
一人で家にいるよりも、病院にいれば安心感があります。
この時期に定期健診でわかって幸いでした。

というわけで、またウテメリンの点滴をしてもらっています。
2回目ということもあって、副作用もあまり感じずに経過中。
赤ちゃんは元気に動いてくれています^^

切迫早産を繰り返して再入院するのは体質? 偶然?

自分の体質なのかと聞いたのですが、体質と回数は関係ないと言われました。
なので他にも再入院が決まったという方もご安心ください^^

場合によっては退院後さらに再入院ということもありますし、
今度はそのまま出産まで何事もないということもあるようでした。

ただ、私の場合は子宮頸管ポリープも新しくできているそう。
ポリープがあると出血や感染などのリスクがあるようです。
治療法としては切除することが挙げられますが、
とりあえずこれについては現時点では保留中
その辺りもお医者さんと相談して決めていく予定です。

限度額適用認定証が効いてくるかも

今回も限度額適用認定証を提示。
期限がまだ先なので、そのまま使うことができました。
医療費の支払いは(後から戻ってくるとしても)なるべく抑えておきたいもの。
やはり手元にあると安心するアイテムです!!

▼医療費の節約になる、限度額適用認定証についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
妊娠したら申請を。限度額適用認定証の申請方法【医療費節約】

できる範囲でやっていきます

入院中ということで、こちらのブログも以前ほどには更新ができません。
基本的には退院後に再開していく予定ですが、
たまに様子を見に来ていただけると幸いです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA