切迫流産・切迫早産の入院に便利なおすすめグッズ13個!長期入院者が紹介します

切迫流産・切迫早産入院持ち物

私は妊娠20週のときに切迫流産と診断され、緊急入院。
その後、切迫早産が再発して再入院もし、3ヶ月弱入院生活を送ることになりました!

何も荷物を持たないままの入院で、病院から持ち物を指示されましたが、
実際にはそれでは全然足りません!!
慌てて家族に準備をお願いすることになってしまいました。

今回は、

  • 切迫流産・切迫早産の入院で病院から指示された持ちもの
  • 私が「あって良かった」と思ったおすすめ入院グッズ
をブログで紹介したいと思います。

入院にあたって何を用意すればよいのか悩んでいる方の参考になれば幸いです!

切迫流産・切迫早産の入院で、病院から準備するよう指示された持ち物

まず、病院から指示された持ち物は以下です。
最低限、これだけあれば過ごせるというものです。

  • 前開きのパジャマ
  • ショーツ
  • 生理用ナプキン
  • 洗面用具
  • バスタオル
  • ティッシュペーパー
  • スリッパ
  • イヤホン(テレビ用。ちなみにテレビはテレビカード不要で見放題でした!)

追加で準備し、あって良かったと思ったおすすめ入院グッズ

基本的に入院中は絶対安静を指示されます。
24時間点滴もつながれて自由に動けないので、狭い範囲で生活することになります。

なので、ストレスがたまらないように、グッズをうまく使って快適に過ごせる工夫をすることが大切です。
私が追加で準備し、あって良かったと思ったおすすめグッズはこちらです!

紙コップ

ペットボトルの水を飲む用です。
毎日取り換えていました。

ちゃみ

ストロー付きのペットボトルキャップが便利かな、とも思ったのですが、
毎日洗剤で洗えるわけではないので、不衛生な気がしませんか??
ペットボトルは家族にまとめ買いしてもらいました。

コップがあると、ペン立てにしたり、ちょっとしたお菓子を入れておいたりと小物入れとしても使えて便利ですよ◎

除菌ウエットティッシュ(タオル)

食事の前に毎回手を洗いに行くのが大変だったため、除菌タイプのウエットティッシュで拭いていました。
ロール式のたくさん入ったものは、置くのにも安定していますし、取り出しやすいです。

マスク

乾燥対策です。
冬~春の間は、マスクがないと喉が痛くて夜眠れないほどでした。

ただしマスクは蒸れやすいため雑菌が繁殖しやすくなります。
替えのためのストックはたくさんあったほうが良いです。

洗濯ネット

洗濯物を入れる用です。
そのまま洗濯機に入れるだけで洗濯できるので便利です。
洗濯物担当の夫の手間を減らすのに役立ちました。

洗濯ハンガー

洗面・シャワー時に使ったタオルを干しておく用です。
濡れタオルを干すことで乾燥対策にもなったかも??

スタンドタイプのハンガーもありますが、点滴やNSTを動かすのに邪魔になることがあります。

手ぬぐい

セリア キャンドゥ 手ぬぐい

枕カバーとして使っていました。
シャンプーが4日に1回だったので、枕の汚れが気になり……。
手ぬぐいはかさばらないですし、掛けるだけなのでお手軽です。

100均で買えますよ☆
写真のものはセリアとキャンドゥです。

さらさらボディシート

入院中は入浴ができません。
毎日の清拭はあったものの、全身を拭けるわけではないので身体はベタベタしていました(泣)。

気になるところはさらさらボディシートで拭くとサッパリ!
控えめな香りも、気分転換に良かったです!

無菌コットン(清浄綿)

育児シーンでよく使われる無菌コットンは、おしもの清拭に使いました!

やはり入浴ができないことで清潔さが気になってきます。
場所が場所なので、念のため看護師さんに確認してから使ってくださいね!

保冷剤

保冷材は本当にあって良かったアイテムです!!

切迫流産・切迫早産を防ぐための点滴の薬(ウテメリン、リトドリン、マグセントなど)には副作用があります。
特に「ほてり」を感じる人が多いようで、私もそうでした。

そこで役に立ったのが保冷剤。
首の下や背中の下など、熱いところに置いておくと、かなりラクになりました。

注意
体が冷えすぎるとお腹の張りにつながることがあるので、冷やし過ぎには注意です。念のため、看護師さんに使って良いか聞いてみてくださいね(私のところはOKでした)。

また、妊娠26週からはNSTという赤ちゃんの心拍数と子宮の収縮状態を調べる検査をします。
検査のためお腹を出したまま動けなくなるので、
今日は暑くなりそう……! という日には、あらかじめ首の下に置いて臨みました。

他にも、点滴でかゆくなった部分を冷やすのにも活躍!
保冷材は水滴が出るので、タオルなどでくるんでおくと良いです。

▼点滴の副作用など、入院中に辛かったことをまとめてみました。
切迫流産・切迫早産を乗り越える切迫流産・切迫早産の入院生活で辛かったこと。私なりに気持ちを切り替えた乗り越え方

折りたたみ式の鏡

折りたたみミラーを、常に机の上に置いていました。
お見舞いの前などに見て、さっと身だしなみを整えることができます。

また、絶対安静中の入院生活では人と話すことも少なく、顔がどんどんたるみがちに……!
たまに鏡を見ながら顔ヨガをしていました!

前髪を留めておけるクリップ

前髪がある方向けです。

入院が長期化すると髪が伸びても切れません(切れないこともないですが、点滴につながれた状態だと細かいところが調整しづらいです)。

そこで、前髪を留めておけるクリップを使ってまとめていました。
洗顔時にも濡れなくて良いです。

ダイソーで、跡がつかないタイプを購入しました!

小物をまとめていれられるハコ

長期間の入院では、細々としたグッズが増えてしまいます。
それらをまとめて入れておけるハコがあると便利です。

私は空いたティッシュのハコの上部を切って、小物入れとして使っていました◎

巾着 or 小さな手さげバッグ

こちらも小物を入れておくためのもの。

ただし持ち運び用です。
生理用ナプキンや洗面道具を入れておきます。
常に点滴台に吊るしておけば、トイレや洗面のときにあれこれ用意することなく向かえます!

入院バッグはトートバッグが断然おすすめ!

入院バッグ

切迫流産・切迫早産の入院は、パジャマやタオルに加え、たくさんのグッズが必要です。
トートバッグならベッドの上からでも何が入っているか分かりやすいですし、
ワンアクションで取り出せます

ちゃみ

スーツケースだと開ける手間が必要ですし、
開けておいても場所を取るんですよね……。
なので、入院バッグはトートバッグがおすすめです。

便利グッズを活用して、切迫流産・切迫早産の入院生活を快適に過ごそう!

これらのグッズのおかげで、入院生活がかなり快適になりました。

振り返ってみると、衛生面に関するものが多かったのが意外でしたね。
出産時に入院となった場合などにも使えそうだなと思っています。

ただでさえ入院生活はストレスが多いのですが、
長期になった場合はさらにストレスもたまると思います。
ご自身に合ったグッズを準備してみてくださいね!

▼切迫早産で入院中の暇つぶしアイディアです。入院を控えている方・入院中の方の参考に。
入院中の暇つぶし寝たきりOK!切迫流産・切迫早産入院中のおすすめ暇つぶし【保存版】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA