Amazonギフト券3000円が子どもの習い事無料体験でもらえる!

切迫早産のあと医療保険で戻ってきた額を公開。なんと倍返しになりました!

切迫早産入院で医療保険からおりた給付金額

切迫流産と切迫早産での入院を経験した私。
入院自体も大変なことでしたが、心配だったのは「お金」のこと。
どれくらいかかるかが見えていないと不安になりますよね……。

でも、生命保険の特約と医療保険のおかげで出費が抑えられました!

この記事では、切迫流産と切迫早産でそれぞれ入院した実体験を元に、どれくらいお金を払ったか。
またどのくらいの金額が戻ってきたのかを公開していきます。

ちゃみ

保険のおかげでプラスになって戻ってきた分までありましたよ!
あわせて読みたい
▼切迫流産&切迫早産と診断され、自宅安静や入院となったあなたのお役に立てるかもしれないコンテンツ。
暇つぶし方法や乗り切る便利グッズなどを紹介しています。
切迫流産・切迫早産入院バイブル切迫流産・切迫早産の実体験バイブル:診断されたあなたに知ってほしいことまとめ

切迫流産と切迫早産での入院費用まとめ

まず、私が入院した日数と治療内容は以下のとおりです。

切迫流産
  • 妊娠20週から22週に入院(15日間)
  • 産婦人科病院に入院
  • 大部屋(4人部屋)
  • 3食食事付き
  • 24時間の点滴
  • 毎日の内診と膣洗浄などの処置

入院費の支払い額はこちら。
入院日数は15日と短いのですが、月の終わりの入院だったため、月をまたいで2回の請求になっています。

1月 56,230円
2月 57,100円
合計 113,330円※自費代を含む
切迫早産で再入院
  • 27週から35週に入院(55日間)
  • 産婦人科病院に入院
  • 大部屋(4人部屋)
  • 3食食事付き
  • 24時間の点滴
  • 毎日の内診と膣洗浄などの処置
  • 毎日のNST検査(40分)

1ヶ月ごとの請求金額はこちら!

3月 110,650円
4月 226,075円
5月 91,070円
合計 427,795円※自費代を含む

ちゃみ

命を守ってくれる額としては安いけど、この金額は普通の家にはキツい!(泣)
あわせて読みたい
▼詳しい金額の内訳はこちらの記事をご覧ください。あなたの入院費用もざっくり計算できる解説付きです。
切迫早産の入院費が簡単にわかる方法と節約術を医療事務が解説切迫早産|入院費が簡単にわかる方法をプロが解説!節約テクを活用しよう

切迫早産の入院費用が第一生命の生命保険&アフラックの医療保険で戻ってきた!

切迫流産や切迫早産は、民間の保険に加入していれば給付金がおりる場合があります。

私は第一生命の生命保険と、アフラックの医療保険に加入していて、2つとも給付金がおりました。

第一生命保険の契約内容

受け取りができたのは、主契約ではなく、特約
語弊があるかもしれませんが、要はオプションのようなものです。

大本の保険は死亡時に保険金が受け取れるものですが、それとは別に、入院時や特定の病気などにかかったときに給付金が受け取れます。

第一生命では4つの特約をつけていますが、今回適用となったのは以下の2つの特約。

  • 新総合医療特約D(120日型)=日付×10,000円
  • 入院一時給付特約D 入院一時給付金:30,000円
注意
  • 他につけていた特約のうち、「女性特約」は乳がんなどが対象なので、切迫流産や切迫早産は対象外。
  • また「特定損傷特約」は骨折などが対象なので、こちらも対象外でした。
  • 第一生命の入院一時給付金は、複数回入院しても入院期間を通算する場合は1回だけの支払いとなります。

アフラックの医療保険の契約内容

次にアフラックの医療保険です。入院時などに給付金が受け取れるものです。

  • アフラック・医療保険EVER/疾病入院給付金=日付×5,000円

戻ってきた額をまとめますね。

切迫流産での入院でおりた給付金額合計(15日間)

アフラック(疾病入院保険)
疾病入院給付金(短期) 75,000円(=日付×5,000円)
第一生命の特約
疾病入院給付金 150,000円(=日付×10,000円)
入院一時給付金 30,000円
アフラック&第一生命の給付金合計:255,000円

切迫早産での入院でおりた給付金額合計(55日間)

アフラック(疾病入院保険)
疾病入院給付金(短期) 275,000円(=日付×5,000円)
第一生命の特約
疾病入院給付金 550,000円(=日付×10,000円)

先ほども書きましたが、第一生命の入院一時給付金は複数回入院でも通算1回だけの支払いになります。
ですので、再入院時は支払われませんでした!

アフラック&第一生命の給付金合計:825,000円

給付金は再入院分を合わせると、1,080,000円。108万円です。

入院費を差し引いた上でいくらプラスになったかというと……
なんと538,875円の黒字!
倍返しです!!

ちゃみ

入院に必要なグッズを揃えたり、色々なところでお金がかかっているので、嬉しいリターンでした!

医療保険の保険金、さかのぼって請求はできるの?

保険に加入していたけど、「そういえば請求していなかった!」とか、「請求できないと思ってた!」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

アフラックと第一生命の場合、3年間までなら請求が間に合います!
また、3年を超えても、必要な書類を揃えられたら請求できることがあるようです。

ちゃみ

法律的には3年と決まっているみたいですが、保険会社も対応できる範囲で対応してくれるみたいですね!
一度問い合わせしてみてくださいね。

▼アフラックのQ&Aはこちら
Check5年前に入院しましたが、当時給付金の請求をしていません。今からでも請求できますか。

▼第一生命のQ&Aはこちら
Check過去に入院・手術を受けましたが、保険の請求をしていませんでした。給付金や保険金に請求期限はあるのでしょうか? | よくあるご質問|第一生命保険株式会社

妊娠中の方は、医療保険に加入しておきましょう

医療保険に加入していなければ1円も戻ってこず、痛い出費になっていたと思います。
このように、妊娠期間中は何が起こるか予測できないもの。
医療保険で万が一に備えておいて正解でした!

どんな保険に入れば良いのかわからないという方は、ファイナンシャルプランナーや保険のプロに相談してみるのも良い方法だと思います。

▼今なら、保険のビュッフェに無料相談で、絵本レビューサイト『絵本ナビ』厳選の絵本がもらえます!
相談場所は自宅でもファミレスでもOKなので、直接店舗に足を運ぶ手間がありません。

絵本は出産準備にも良いですよね◎

保険のビュッフェに無料相談

長くなりがちな入院期間。
お金の心配をせず安心して過ごすためにも、今一度、医療保険の見直しや確認をおすすめします。

あわせて読みたい
▼切迫流産&切迫早産と診断され、自宅安静や入院となったあなたのお役に立てるかもしれないコンテンツ。暇つぶし方法や乗り切る便利グッズなどを紹介しています。
切迫流産・切迫早産入院バイブル切迫流産・切迫早産の実体験バイブル:診断されたあなたに知ってほしいことまとめ ▼出産費用も公開しています。こちらも、もらえるお金がありました!
出産入院費用はいくらかかる出産費用の自己負担額がいくらだったか公開!相場や額を押さえる方法も伝授します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA