楽天スーパーセール2018 開催中!

切迫早産の入院費が高すぎて払えない?退院時の請求金公開&医療費を抑えるテク

切迫流産・切迫早産の入院費

私は切迫流産・切迫早産で合わせて70日入院しました。
※妊娠20週から22週/再入院:27週から35週

切迫で入院となると、気になるのが入院費用ですよね!
私は入院が長期化したので、負担額が大きくなってしまいました(泣)。

そこで、この記事では、私の切迫入院での入院費を公開します。
大きくなりがちな医療費を抑えるテクニックも紹介していますので、ぜひご覧くださいね!

切迫早産で2ヶ月入院したときの入院費(1ヶ月毎分割請求)

まず、私はこのような状況で入院しました(※再入院のほうです)。

  • 27週から35週に入院(55日間)
  • 産婦人科病院に入院
  • 大部屋(4人部屋)
  • 3食食事付き
  • 24時間の点滴
  • 毎日の内診と膣洗浄などの処置
  • 毎日のNST検査(40分)

1ヶ月ごとの請求金額を公開します。

3月分

入院日:平成30年3月19日~平成30年3月31日
保険負担額:52,470円
食費:13,680円
保険外負担:44,500円
合計金額:110,650円

鼻水が出て喉が痛かったので、切迫の治療とは別で漢方(ツムラ苓甘姜味辛夏仁湯)とイソジンガーグル液を出してもらっています。

4月分

入院日:平成30年4月1日~平成30年4月30日
保険負担額:81,035円
食費:41,400円
保険外負担:103,640円
合計金額:226,075円

おしもに痒みがあり、キンダベート軟膏とレスタミンコーワクリームを処方してもらっています。
この期間に子宮頸管ポリープ切除手術を受けました。
手術の他にも、病理診断のための組織標本作製や病理判断料などがかかっています。
ame子宮頸管ポリープを妊娠中に手術で切除しました。痛みなしで炎症が解決!

5月分

入院日:平成30年5月1日~平成30年5月12日(退院日)
保険負担額:37,590円
食費:15,640円
保険外負担:37,840円
合計金額:91,070円

貧血のためのフェロミア錠・ハイシー顆粒、便秘のための酸化マグネシウム錠、
退院前はウテメリン錠の投薬料がかかっています。

3月分を合計すると、なんと427,795円もの出費です。

ちゃみ

これは痛い……!

支払いについてですが、私の病院では以下の形で、1ヶ月毎に分割支払いでした。

  • 入院が続いていたら月1回請求(翌月の20日頃)
  • 退院したら請求日を待たず退院日に請求
月1回請求や10日ごと請求の病院もありますので、詳しくは事務の方に聞いてみてくださいね。
看護師さんに伝えれば、事務の方に話を通してくださると思います。

切迫流産・切迫早産の入院費のうち、保険適用外のものって?

切迫流産や切迫早産では色々な検査や治療が必要になりますが、これらについては、ベースは保険内の診療となります。
保険が通らないものについては、保険外負担になります。

ちゃみ

余談ですが、ノロウイルスの検査も保険外なんですよ。小さなお子さんや高齢者など一部の対象者のみ保険内です。

保険外負担のものの例

  • 食費
  • 早産マーカーテスト費(顆粒球エラスターゼ、癌胎児性フィブロネクチン)
  • 尿検査費
  • 膣錠投薬費(クロマイ膣錠)
  • 持続点滴費(点滴の袋、針やチューブ、針を固定するための大きなフィルムなど)
  • シャンプー介助費
  • シャワー利用費
などなど。けっこうあります。

2018年4月から、入院時食事療養費の自己負担額が1食100円もアップしています。
これも地味に痛いですね……。
切迫流産・切迫早産の入院費切迫早産&切迫流産の入院費まとめ。アフラック・第一生命の保険給付金でプラスに!

点滴の差し替え回数が多く、入院負担額も増えました

他の人より負担額が大きくなっているところは、点滴関係です。

長い間点滴をしていると、その部分の血管がもろくなってしまうそう。
私の病院では、通常は1週間ごとに点滴針の差し替えをすることになっていました。
でも、その前に腕が(血管が)腫れてきてしまうことが多く、だいたい3日くらいで差し替えていました。
1日で差し替えたこともあります。

なので、点滴の針やサージフィルムといったところにはお金がかかっています。

ちゃみ

私の場合、血管が細くてなかなか挿せるところが見つかりませんでした。
そのたびに新しい針を使ったのですが、それがカウントされているのかは数えられず、ちょっと分かりません。
これも気になる方は看護師さんに聞いてみてくださいね。

前回入院:切迫流産・切迫早産で2週間入院したときの入院費

前回入院のときの請求金額を公開します。
診療については、毎日のNSTがなかっただけで、他の内容は同じです。

月の終わりの入院だったため、月をまたいで2回の請求になっています。

1月:56,230円
2月:57,100円
合計金額:113,330円

▼詳しくはこちらの記事にまとめています。
切迫流産・切迫早産の入院費切迫早産&切迫流産の入院費まとめ。アフラック・第一生命の保険給付金でプラスに!

というわけで、再入院分も合わせると、541,125円もかかっていることになります。

ちゃみ

入院で50万越え……!
入院中はいくらかかるか分からず、払えないのではないかとヒヤヒヤしていました。
貯金があったので何とかなりましたが……。

これでも4月の金額は限度額認定証のおかげで、ざっくり25,000円以上軽減しているんですよ。
保険でまかなえなければ、家計が相当苦しいことになるところでした。

切迫流産・切迫早産の入院費&医療費を抑えるテク

さて、このように入院となると莫大なお金がかかってきます。
少しでも安く抑えたい……と考えたとき、以下のような方法が考えられると思います。

限度額適用認定証を申請して、大きな出費に備える

入院が長期にわたり、1ヶ月の治療費がある一定額を超えると、それ以上の金額は健康保険の「高額療養費制度」が適用されます。

これは病院などの医療機関や薬局の窓口で、支払った金額が一定以上(自己負担限度額)になった場合、申請すると決められた金額を超えた分が戻ってくる制度です。

ただし払い戻しがあるといっても、一度は病院にお金を全額払わないといけません。
その心配をなくすために利用できるのが、限度額適用認定証(限度額認定証)
あらかじめ医療機関に出しておけば、その月に支払う金額が一定以上となった時点から自動的に支払いがタダになる仕組みです。

▼限度額適用認定証の仕組みや、申請方法についての詳しい説明はこちらをご覧ください。
お金 節約 保険限度額適用認定証の申請方法と注意点を分かりやすく説明!出産前妊婦は申請しよう

あらかじめ支払いが一定額以上にならないという点で安心感が違うので、入院が決まった時点で申請しておくと良いと思います。

医療保険&生命保険に加入して、大きな出費に備える

切迫流産・切迫早産は、民間の医療保険の給付金の対象となります。
私も給付金がおりたおかげで、長期入院費がプラスになりました!

参考までに、入院でおりた給付金額を公開します。

<最初の入院分>

アフラック(疾病入院保険)

疾病入院給付金:75,000円(基準額5,000円)

第一生命の特約

疾病入院給付金:150,000円(日額:10,000円)
入院一時給付金:30,000円
アフラック&第一生命の給付金合計:255,000円

<再入院分>

アフラック(疾病入院保険)

疾病入院給付金(短期):275,000円(基準額5,000円)
対象期間:平成30年3月19日~平成30年5月12日

第一生命の特約

疾病入院給付金:550,000円(日額:10,000円)
対象期間:平成30年3月19日~平成30年5月12日
アフラック&第一生命の給付金合計:825,000円

全期間の入院費が541,125円
さらに診断書作成代として5,000円×2回分。
これを給付金で戻ってきた分と合わせると、528,875円も黒字になりました!!!

実際には入院に必要なグッズを買ったり、色々と出費もあったのですが、それでも大きなリターンです。

妊娠期間中は何が起こるか予測できないので、万が一のためにも医療保険で備えておくことは大切だと思います。

切迫流産・切迫早産を乗り越える知らないと損!妊娠前に医療保険に加入したおかげで長期入院費がプラスに!

▼今なら、保険のビュッフェに無料相談で、絵本レビューサイト『絵本ナビ』厳選の絵本がもらえます!

その他の医療費を抑える方法あれこれ

他に医療費を削るには、次のようなことも考えられます。

室料を取らない病室に入院する

個室は1日当たりの追加料金を取られるので、長期入院すると馬鹿になりません。

レンタル品を自分で持ち込む

パジャマやタオルなどをレンタルすると有料です。
こちらも長く使うと何気に高額。
仮に1日500円でも1ヶ月で15,000円になります。

入院期間が長くなりそうなら、自前で用意する方が結果的に安上がりです。

なるべく保険外負担となる検査等を少なくしてもらえないか相談する

できるかどうかは病院次第かと思いますが、なるべく保険の範囲内で治療してほしい旨を相談すると良いかもしれません。

厳密に言えば、食費などを除けば、基本的に保険外の治療は患者側の同意がないとできません。
そのため、前もって保険外の治療に関しては相談しておくと、うまく対応してくれる可能性があります。
理不尽な請求があった場合は、お近くの厚生局に相談すると良いでしょう。

切迫流産・切迫早産の入院費の削りどころを見極めよう

以上、私の切迫入院での入院費&医療費を抑えるテクニックでした。
入院が長期化すると、どうしても医療費が大きくなりがち。
削れるところはないか、しっかり確認しておきたいですね。

▼保険見直しラボでは、無料相談後に牛タンやマカロン詰め合わせなどがもれなくもらえます!
しつこい勧誘もなく安心ですよ♪


▼切迫流産・切迫早産の入院を乗り切るコツをまとめました!
切迫流産・切迫早産入院バイブル切迫早産&切迫流産ブログ:入院準備や入院費を抑える方法・長期入院体験談などを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA