Amazonギフト券3000円が子どもの習い事無料体験でもらえる!

切迫早産のお見舞い*マナーの注意点ともらって嬉しいお土産の実例はコレでした!

切迫早産入院のお見舞いマナー

家族や友達が「切迫早産」「切迫流産」で入院した!
そんなとき、お見舞いに駆け付けたいと思いますよね。

でも、あわてて駆け付けるとかえって迷惑になるかも。
お見舞いに来るにも色々なマナーがあるんです。

ちゃみ

私も切迫流産と切迫早産の長期入院の中で、困ったお見舞い客を見てきました……

お見舞いの品も、できれば喜んでもらえるものを持っていきたいもの。
この記事では、切迫早産での入院している患者さんへのお見舞いについて、

  • お見舞い時の正しいマナー
  • もらって嬉しいお見舞いの品
  • もらって困るお見舞いの品
など、知っていただきたいことをまとめています。

病院関係者の夫の意見も交えています。
ぜひ参考になさってくださいね。

切迫早産で入院している妊婦の過ごし方

切迫流産や切迫早産で入院している妊婦さんの生活はこんな感じ。

  • 24時間点滴
  • 寝たきり
  • シャワー・洗髪が自由にできない
  • お腹の赤ちゃんが心配
  • 終わりが分からない入院で精神的苦痛を味わっている

状況が受け入れられず、ナーバスになっている場合もあります。

お見舞いは来なくて大丈夫と言われたら、気を遣っているのではなく本心かも。
お互い大変なので、よほどの身内以外はあえて来ないのもひとつの手段。
落ち着くまではLINEやメールでのやり取りのみにするというのも、気づかいの方法です。

切迫早産のお見舞いマナー:来る前にしてほしいこと

まず、お見舞いに来る前にしてほしいことをご説明します。

行って良いかを確認する

まず本人に確認することが大事!
いきなり来られると困ります。

シャワーも浴びられない状態で、当然すっぴん。
夏場などは自分の体臭も気になります。

なので、いくら親しい間柄だとしても見られたくないのです。
お腹を出した状態でパンツも下げ気味で検査をしているときや、着替え中のときもあったりします。

また、不定期でシャワーに行ったり外来に降りたりしていることも。
不在時に来られると困ります。
服や荷物なども最低限片付けないといけませんし。

「私は気にしないのに……」という方、要注意です。
あなたは気にしないかもしれませんが、お見舞いされる側が気にするんです!

においに注意!病室悪臭地獄

においのきつい食べ物を食べないようにしてください。
あと、喫煙者の方は、来院前にはタバコを吸わないように。

大部屋に入院している患者さんは、切迫早産の人だけではありません。
妊婦さんは、ただでさえにおいに敏感。
食べ物やタバコのにおいで気持ち悪くなる人がいます。
特に重いつわりで入院中の人などは、嘔吐につながる場合も。

そこまでならなくても、においは病室内にすぐ充満して長く続きます。
自由に動けない患者さんにとっては、非常にストレス。

食べ物などのほかにも、芳香剤や強い柔軟剤の香りもけっこう残るので注意しましょう。

ちゃみ

想像しづらい方は、満員電車かエレベーターでにおう人が入ってきた時を想像してみて!

感染症予防!マスクやアルコール消毒をしよう

風邪などの感染症にかからないようにマスクをしたり、体調が悪い場合は無理して行かないようにしましょう。
病院についてからアルコール消毒をするのも◎です。

大人数で来られるのも怖いところ。
遠方から大人数で駆け付ける場合、ラウンジなどを利用して待機するのも良いかと思います。

入院中の患者さんは、免疫力が落ちている人が多くいます。
病室が狭い空間ということもあって、誰かがインフルエンザのような感染症にかかると簡単に伝染してしまうことも考えられます。

最近(2018年~2019年)は風疹も流行していますし、特に注意!
絶対に持ち込まないようにしてください。

ちゃみ

妊婦さんが風疹にかかると、赤ちゃんに重い病気や障害が残る場合があります!
風邪気味でお見舞いにくる人は、知らないうちにバイオテロを起こしてしまうかもしれませんよ!
あわせて読みたい
▼風疹についての分かりやすい説明はこちら。
赤ちゃんの予防接種注射妊婦の風疹。妊娠中に感染するとどうなる?症状や影響・予防方法まとめ

こうした感染症が出ると、病院は面会を制限したり病室を隔離したりといった対応が必要となります。
面会できなくなってしまったり、病院への負担にもなるのでご配慮ください。

部屋やベッドはしっかり確認して!

大部屋の病室のカーテン

個室は比較的分かりやすいですが、大部屋は注意が必要。
何号室のどの辺りにいるか(窓側か入り口側か、入って右か左かなど)はあらかじめ確認しておくとベターです。

到着してからも、カーテンを開ける前に名札を確認して間違わないようにしてください。
場所が移っている可能性があります!
もしカーテンに名札がついていない場合でも、電話したり声を掛けての確認を。

ちゃみ

私はよその男性にいきなりカーテンを開けられて、怖い思いを2回もしました。
最悪の場合、叫ばれたりナースコールで人を呼ばれたりしてしまうかもしれないので、要注意ですよ。

切迫早産のお見舞いマナー:来たときにしてほしいこと

いざ、お見舞い。
来たときにしてほしいことをまとめています。

小さいお子さん連れは走り回らないようによく見る

お子さんを連れてくる場合は、走り回らないようによく見ていてください。

ただでさえ産婦人科は妊婦さんだらけ。
子どもって前を見ずに突っ込んでくるんですよね。
親にしてみればほほえましいのかもしれませんが、周りはヒヤヒヤしていますよ!

妊婦さんが転んでしまったら、命にかかわるレベルで大変なことになります。

ちゃみ

私も車椅子に体当たりされて点滴台が倒れそうになりました。危険!
子どもが走り回るのは仕方がないことかもしれませんが、親がそれを止めないのは仕方がないことではありません。
親の「甘え」です。

子連れで来るなら、子どもをよく見てあげましょう。

夫婦でラブラブし過ぎないように

旦那さんをベッドの上に寝かせてラブラブ話している患者さんが何人かいました。
ちょっとちょっと、病院ですよ!

少々話が弾んでいるのを聞く分にはほほえましいのですが、あまり長時間ベタベタするのを聞いていると苦になります。
あまりの甘トークを耳にし続けて、旦那さんが来られない人が精神的ダメージを受けて鬱に……。
部屋の移動をしていました。

なかなか会えない分、話が弾むのは仕方ありませんが、ほどほどにしてくださいね。

また、奥さんがトイレに行くときまでついていく男性がいます。
他の入院患者の意見を言わせていただくと、はっきり言ってトイレ前での出待ちはやめてください。
赤の他人の男性がトイレ前で待機していると入りづらいし、不審者変質者のようで不気味です。

私の産院は、トイレの個室が通路からよく見えるつくりだったのですが、個室の前で出待ちする男性に何度も出くわしました!
心配なのはわかるけど、音を聞かれていると思うと気持ち悪い……。

ママも旦那を変態扱いされたくなければ、素直に病室か休憩室などで待っていてもらいましょう。
何かあれば、呼び出しボタンを押せば良いだけなので。

静かに過ごせるように努める

入院中の患者さんは、本来安静にして休んでいないといけません。
お見舞いにきてもらって精神的に満足する面もありますが、知らないうちに体力を使っています。

そのためお見舞いの人があまり長時間いると、安静に過ごせません。
適当な時間で切り上げるようにしましょう。

患者さん本人の安静もそうですが、他の患者さんの迷惑にもなります。
安静にしたくても、長時間話し声が聞こえるとゆっくり休めません。

それと大きい声で騒がないこと! 論外です。
神経が過敏になっている妊婦さんのストレスになりますからね。
面会時間内でも臨時でNST(赤ちゃんの心拍数をチェック)をやっていたりもしますし……。

これは子どもも同じ。
最初はほほえましいですが、ずっと大声で奇声を発していたりする子もいるのでピリピリしてきます。
何事も節度をもって、が大切です。

何気ない言葉にも注意!

何気ない言葉にも気をつけて。
入院中は気持ちが落ち込みがちなので、どんなところに地雷があるかわかりません。

ちゃみ

自分でも、普段なら受け流せるような言葉で怒ってしまうこともありました。
お互いに気持ちよくお見舞いを済ませるためにも、気遣いをお忘れなく。

それから、病室には色んな状況で入院している患者さんがいます。
そうした人たちへの配慮もお願いしたいです。

切迫流産で入院しているときに、近くから「切迫流産だったら赤ちゃんが助からないかもしれないけど、切迫早産ならまだ安心じゃん🎵」という会話が聞こえてきました。

おそらくご家族の方が励まそうとして発した言葉なのでしょうね……傷つきました。
赤ちゃんの無事を祈っている私の心をグサッとえぐるようなひどい言葉だと思いませんか?

MEMO
ちなみに、切迫流産=助からない、なんてことはありませんので!
我が子も無事に生まれてきています。

さて話を戻すと、励ましの言葉も逆に辛い場合もあります。
鬱病になると励ましが辛くなると聞きますが、それと同じ。

動けないのって辛いものです。
切迫早産は痛みがない場合がほとんどですが、とにかく寝たきり生活……。
時間があるのにやりたいことができない状態が続き、気が滅入ってきます。

そのためがんばれ、と言われても、「絶対安静だからがんばったらダメだし……」みたいな後ろ向きの受け取り方をしてしまうかも。

とにかく入院中は気が滅入るものです。
うまく気持ちに寄り添ってあげてくださいね。

帰りにはカーテンを閉めて

最後に、帰るときにはカーテンをしっかり閉めていきましょう。
スキマが開いていると他の人にチラ見されて気まずい気持ちになります。

特に男性がチラ見してくると、見てきた人に変な気がないにせよ嫌な気分になります。

もらって嬉しい、お見舞いの品は?

続いて、お見舞い品選びについてです。
私や入院仲間がもらって嬉しかったものを口コミ紹介します。

季節感があるもの

季節を感じる四季の花

入院が長期になってくると、季節感がわからなくなります。
病室はいつも外の雰囲気があまりわからないせいだと思います。
テレビを見ていても、他人事な感じ。

バレンタインデーやホワイトデー、イースター、子どもの日などなど……。
私も季節のイベントと無縁で過ごしました。

季節を感じると、心がほっこりしますよね。
季節のお菓子や、邪魔にならないインテリアをもらえると嬉しかったです。

ちゃみ

ただ、お花は困ります。自分で水を替えに行けないので。

ペットボトルの飲み物

入院中はベッドで安静にしていなければいけないので、自由に出歩いてお茶を買うことができません。
麦茶のペットボトルなどを買いだめしてもらって、冷蔵庫にストックしていました。

病院の自販機にないものだとなお嬉しい🎵

お菓子

私の産院は病院食が豪華で有名だったのですが、どんなに内容が良くても、長期入院しているとさすがに飽きました……(笑)。

ですので、お菓子の差し入れがあると励みになりました。
もぐもぐタイム(笑)。
小分けになっていると、少しずつ食べられますし、同室の方にお裾分けしたりもできます。

▼ルタオやステラおばさんのお菓子はハズレがないです🎵

ただし、おせんべいなど音のするものや、袋の音がうるさいものはNG。
食事制限があったりする場合もあるので、その点も注意が必要です。

ちゃみ

私もおいしいごはんと差し入れで太ってしまい、先生に怒られました……(泣)

暇つぶしグッズ

▼私はこんな方法で暇つぶしをしていました。
個人的には、Wi-Fiや雑誌を持ってきてもらえると、非常に助かります……(笑)。

その他、他の方の口コミを見ると、病院食はどこもおいしくないみたいですね(汗)。
ご飯の共として、ふりかけは喜ばれるようです。
妊娠高血圧症などで塩分制限中でなければ持って行ってみてはどうでしょうか??

▼ひじきやわかめのふりかけバラエティセットは体にも良いし嬉しいかも!

持って来ないでほしい、お見舞いの品は?

逆に持って来られると困ってしまうものもあります。
人によってもまちまちですが、個人的にやめておいた方が良さそうなのは、お金漫画です。

お金は盗難の恐れアリ、お返しも大変

入院中にお見舞金などを持ってきてくれる方もまれにいるようですが、やめておいた方が無難。

一応、病室内に金庫はあります。
が、入院中は点滴につながれっぱなしなので、わざわざ開け閉めが大変な金庫を利用する人は少ないようです。
私のところも金庫が足元にあったので、余程のことがないと自分で出し入れできませんでした!

出産まで入院の人もいてバタバタしているので、後でなんのお金だかわからなくなってしまうことも。
お返しも大変なのでやめておいた方が良いでしょう。
どうしてもというときは、入院中の妊婦さんではなく旦那さんやご家族にお渡しすると良いと思います。

出産や産婦人科テーマの漫画は不安になる?

漫画は暇つぶしにもなるのでちょっと嬉しいかもしれません。
が、出産や産婦人科テーマの漫画はやめておきましょう(『コウノドリ』とか『透明なゆりかご』みたいな……)。
けっこうショッキングな内容も含まれていますし、自分の状況と重ね合わせて不安になってしまうことが多々あります。

入院している妊婦さんからのリクエストなら良いのですが、変に参考になるかも! と渡されると微妙な気持ちに……。

切迫早産のお見舞いは、ルールを守って優しく

病院は本来、安静にしなければいけない場所です。

患者さんは基本的になんらかのリスクがあって入院しているわけで、大事にしなければなりません。
身内ももちろんですが、他の入院患者さんも。

重ねてのお願いにはなりますが、早めに退院できるよう、少しでも穏やかに過ごせるよう、配慮をお願いいたします。

色々書いていますが、お見舞いが気持ちの支えになることもあるんですよ。
基本的には嬉しいですし。

ですので、「こんな風にしたら喜ぶかな?」とか「こうしたら迷惑かな?」という意識をもって接してもらえれば、きっと素敵なお見舞いになるはずですよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA