Amazonギフト券3000円が子どもの習い事無料体験でもらえる!

切迫流産は流産と何が違う?安静時の過ごし方&旦那さんができること

切迫流産の安静時の過ごし方と旦那さんができること

切迫流産は、妊娠中に起きるトラブルのひとつです。

文字で見ると“流産”と入っていますし、医師から急に「あなたは切迫流産の状態です」と言われると怖いですよね。

ちゃみ

流産とは違うものですが、私も診断されたときはパニックになりました。

でも、切迫流産では適切な対策を取ることで流産を防ぐことができるんです。

この記事では、

  • 切迫流産の症状や起こる時期
  • 切迫流産の原因
  • 切迫流産中の過ごし方
など、切迫流産に関することを総まとめ。

切迫流産と診断されて不安な方のお力になれれば幸いです。

切迫流産(せっぱくりゅうざん)とは?いつまでに起こる?

切迫流産とは、赤ちゃんはお腹の中で元気だけれど、出血や下腹部の痛みが出て、流産に切迫している状態のことをいいます。

従って、この時点では流産ではありません。
あくまで流産に切迫しているということです。

こんなサインがあったら要注意

  • 出血
    出血が続く、鮮血が出た、痛みがあるなど
  • 下腹部の痛み
    ただ突っ張るような感じではなく、痛みがあったり出血があるときなど

時期は妊娠初期~妊娠21週まで。
※妊娠22週から36週の間に同様の症状が出た場合は、「切迫早産」と呼び名が変わります。

それでも、妊娠13週を過ぎていて赤ちゃんの心拍が確認されていれば一安心。
妊娠12週までは慎重に医師の指示に従って治療しましょう。
ほとんどの人が無事に出産しています。

そもそも流産とは?

一方、妊娠したにも関わらず、妊娠22週未満の時期に赤ちゃんが亡くなってしまうのが「流産」です。
流産の確率は意外と高く、5~6人に一人程度の確率で流産するといわれるほどです。

そのうちの約8割は、主に赤ちゃんの染色体異常が原因で、妊娠12週までの初期に起こっています。
もともとお腹で育つのが難しい受精卵だったということです。

悲しいことですが、流産の場合は基本的に妊娠継続が不可能です。

切迫流産の原因はたくさんある

ママ側の原因

  • 仕事や運動などをしすぎた場合
  • 胎盤になる組織の周囲から出血した場合
  • 膣内の感染から炎症が子宮内へ及んだりした場合
  • 子宮頚管無力症
  • 絨毛膜羊膜炎
  • 子宮奇形
赤ちゃん側の原因

  • 多胎妊娠
  • 染色体異常

などの場合に起こる可能性があります。

私は安定期に入った後に、毎日寒い中を3~4時間も散歩していました。
動きすぎたのが原因だったかも? と言われました💦

参考切迫流産 – 基礎知識(症状・原因・治療など) | MEDLEY(メドレー)

切迫流産の治療方法は?安静、入院、薬etc.

切迫流産は、治療によって妊娠継続が可能なことが多いです。
だから、まずは気持ちを落ち着けて!

しっかりと安静にしたり薬を使うことで、赤ちゃんの命を救うことができます。
お医者さんの話をよく聞いて行動してくださいね。

ちゃみ

旦那さんにも助けてもらいましょう!

自宅や入院で安静にする

切迫流産の治療は、「安静」に過ごすことが基本です。
ただ、ひとくちに安静と言っても、症状によって安静の度合いが違ってきます。

安静の度合い4段階

安達知子・主婦の友社(2014)『はじめてママ&パパの妊娠出産』 主婦の友社.
こちらの本から引用させていただくと、安静のレベルは4段階に分かれます。
自分はどの程度動いて良いのかを医師に確認しましょう。

MEMO
家事、買い物、散歩、入浴など……生活環境によっても安静の仕方は変わってきます。

自宅安静

安静レベル

  • なるべく静かに過ごし、疲れたら横になる。
  • 仕事をしている人は診断書をもらって会社を休みましょう。

安静レベル ★★

  • トイレや食事以外は基本的にベッドで過ごす。
  • 家事も他の人に任せる。

入院安静

出血やお腹の張りが一時的ではなく長く続く場合、病院に入院して経過観察となります。

安静レベル ★★★

  • 基本的にトイレや洗面はOK。
  • 場合によっては点滴による治療も行われます。

安静レベル ★★★★

  • ほとんど一日中ベッドで寝た切り。
  • 食事もベッドの上でとるようになります。

私の場合、最初の入院では安静レベル★★★★から入って、安静レベルに落ち着きました。
安静解除までは1ヶ月でした。

仮に事情があっても自宅安静ができていないと、入院安静になってしまう場合があります。

ちゃみ

上の子のお世話が大変で安静にできず、自宅安静から入院安静になってしまったという人もいました。
しっかり安静にして、また元通りの生活に戻していきましょう!

治療に使う薬

妊娠初期の切迫流産では、安静に過ごすことが一番の治療で、薬は積極的には使わないそうです。

12週以降は、子宮収縮抑制剤といった張り止めの薬を使うこともあります。
私は入院中、ウテメリン(塩酸リトドリン)点滴と炎症を抑える薬の点滴をしました。

退院後は点滴に代わって、ウテメリン錠の投薬になりました。
先生曰く「ウテメリン錠は最大で1日4回まで服用して良いが、それでも張りが治まらなかったら中止して入院点滴になる」とのことでした。

切迫流産を予防するためにできること

自宅安静が解除されても、体に負担がかかることはお腹が張って流産や早産につながることがあります。
以下の点に注意して生活しましょう。

体を動かし過ぎない

適度な運動はしたほうが良いですが、張りを感じたら適度を超えています。
横になって休みましょう。

運動に限らず、家事や仕事もはりきりすぎないで。
安静解除のあとは解放感で色々やりたくなってしまうと思いますが、動いていなかったことで体は弱っています。

体の調子をゆっくり整えていくことが大切です。

疲れたら横になる

家事は立ちっぱなしになることも多いです。
それにちょっと外を歩くだけでも、安静解除のすぐ後は疲れてしまうもの。
疲れたり立ちっぱなしでいたりすると子宮の血行が悪くなり、お腹の張りにつながってしまうんです。

なので疲れたら横になってゆっくり休みましょう。
横になることで、血流が子宮に流れやすくなります。

ストレスをためない

妊娠中はホルモンの影響で今まで気にならなかったようなこともストレスに。
ストレスを感じると筋肉は収縮します。子宮も筋肉でできているので、同じ。

そんなときは深呼吸してリラックスしましょう。
また、体を横にしたままできるストレス解消方法があるともっと良いですね。

あわせて読みたい
▼自宅安静中にもおすすめな暇つぶし方法を紹介しています。
切迫早産入院中の暇つぶし*寝たきりでできる方法おすすめ11個を紹介します

重いものを持たない

重いものを持つと、お腹に力が入り、張りやすくなってしまいます。
立っていると張りは治まりにくいので、できれば横になったり、座ったりしましょう。

力仕事は家族に任せるようにした方が安心です。

体を冷やさない

冷えて血行が悪くなると子宮も収縮してしまいます。
上着を羽織るなどして体を温め、温かい飲み物でひと息入れましょう。

特に、首、手首、足首の3つの首を温めると良いですよ◎

▼妊娠中や授乳中でもほっと一息つけるおすすめの飲み物を紹介しています。
coffee妊娠中の飲み物。コーヒーが飲みたいならカフェインレス・デカフェで我慢せず楽しもう

切迫流産で安静にするには旦那さんの協力が不可欠

奥さんが切迫流産と診断されたら。
今こそ旦那さんが奥さんを守らないといけないとき、ということを忘れないでください。

切迫流産と診断された妻のショックは、とても大きいものです。

安静にしていればほとんどが大丈夫といっても、少しでも無理をすれば症状が進行してしまうことも。
赤ちゃんの命にかかわると思ったら、怖くてたまらないはずです。

ですので、まずは奥さんの気持ちに寄り添ってあげてください。

それから、切迫流産を予防するためにできることにも書きましたが、身体に負担がかかるシチュエーションは日常生活で多いんです。

  • 家事の分担を相談したり、進んで行う
    ※特に洗濯物は立ったりしゃがんだり、動作が大きく大変なので、率先して行いましょう。
  • エアコンの温度の決定権はママに譲る
  • 上の子のお世話を引き受ける
  • 妻の不安な気持ちを理解し、寄り添う
などなど……奥さんに代わってできることはたくさんあります。

普段はやっていないことも、やってみたら楽しいかもしれませんよ^^

旦那さんも自分のことで忙しいでしょうし、ショックを受けていることかと思います。
とても大変かとは思いますが、大事な家族のために奥さんをサポートしてあげてくださいね。

安静にすれば普段通りの生活に戻れる

切迫流産と診断されたら、とにかく無理をしないことが大切です。
身の回りのことがままならない生活は辛いと思いますが、一時期です。
赤ちゃんのためと思って乗り切りましょう。

安静にしていても腹痛が増加したり、出血量が多くなった場合は、かかりつけ医にすぐ連絡してくださいね。

赤ちゃんに会える日を楽しみに、ゆったり妊娠生活を楽しみましょう!

あわせて読みたい
▼切迫流産・切迫早産で入院を指示されたら……入院生活のあれこれをまとめたお役立ちコンテンツです。
切迫流産・切迫早産入院バイブル切迫流産・切迫早産の実体験バイブル:診断されたあなたに知ってほしいことまとめ

参考文献:
安達知子・主婦の友社(2014)『はじめてママ&パパの妊娠出産』 主婦の友社.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA