つわりが辛い時の食べ物&飲み物!吐き気が軽減されたおすすめ神レシピも紹介

ごはん

妊娠で辛いことといえば、「つわり」。
私の場合も例にもれず、かなり辛くしんどい体験をしました。
この記事では、つわりの体験談と、つわりを和らげ乗り切るために工夫した食べ物についてまとめています!

分かること
  • 私が体験したつわりの種類・症状、時期
  • つわり中でも摂れた食べ物・飲み物のレシピ

つわりの時期はいつからいつまで?私は妊娠7週から2ヶ月の戦いでした

私のつわりの期間は妊娠7週~13週のだいたい7週間くらい。
2ヶ月近く悩まされたことになります。
入院するほどではありませんでしたが、主観的にはかなり辛かったように思います。

つわりの時期の平均は妊娠6週~16週くらいとのこと。
基本的には妊娠初期に始まり終わりますが、人によっては中期以降も続くことがあります。
後期に入り、赤ちゃんが大きくなることでつわりのような気持ち悪さを感じる人も。

このように、個人差があるのがつわりです。

食事が辛い!吐き気がひどい!悩まされたつわりの種類3つ。詳しい症状は?

何を食べても味を感じない、何を食べても美味しくない。
あまつさえ食べたら吐き気がすることも。

  • 味覚の変化、味覚つわり?
  • 食べつわり(食べづわり)
  • 吐きつわり(吐きづわり)

この3つが同時に起こるのでつらかったです。
お腹がすくと吐き気がして気持ち悪くなるので仕方なく何か口にするのですが、食べたら吐いてしまうという連鎖!!

つわり前半はまだ吐き気も我慢できるレベルでしたが、後半の時期になるともはや……チーン……という感じ。

そんな中でも比較的食べられたもの、飲めたもの、気持ち悪くなりづらかったものやレシピを挙げていきます。

つわり中に救われた食べ物・飲み物・レシピ

ヒンヤリ爽やかな「アイスの実」もも・ぶどう

created by Rinker
デリカ マルシェ(Delica Marche)
¥4,730 (2018/11/17 00:51:10時点 Amazon調べ-詳細)
ヒンヤリ冷たくて、果汁の爽やかさな口当たりが気持ちの悪さを和らげてくれました。
濃いもも味と濃いぶどう味がスッキリしてお気に入り。

カフェオレ味は甘みが口に残り、つわり中はあまり食べられませんでした(普段は好物なのですが)。
一口サイズなので、量を食べられないこの時期大変助かりました。

小さく口にいれやすい、冷たいおにぎりボール

ごはんに塩をふっただけの小さなボールを、ラップにくるんで冷蔵庫へ。
つわりのかなり初期から、温かいご飯が気持ち悪くなりました。
が、冷蔵すると不思議とにおいが気にならない!!
あえて自分の食べる分はこうやって冷やして食べていました。

起きている間はあれこれ対処できるのですが、寝起きなどいつの間にか気持ち悪くなっていることも多いです。
そこですぐに食べられるように準備しておくことで、気持ち悪いときに準備する苦労が減らせたのが良かったと思います。

神レシピ『北欧、暮らしの道具店』の夏野菜ラー油和え丼

参考レシピ特集│火を使わない、野菜たっぷりレシピ4『夏野菜ラー油和えの、しょうがご飯のせ』-北欧、暮らしの道具店

ちゃみ

これ、すっごくおすすめです!!!
なぜか吐き気があっても不思議と食べられてしまう神レシピです。

北欧雑貨でおなじみ、『北欧、暮らしの道具店』のウェブサイトに掲載されているレシピ。
ご飯は冷たくすると、冷たい材料と一緒にすっきりといただけます!

春菊とアボカドで葉酸がたっぷり摂れます。
アボカドは高カロリーなので食べ過ぎに注意が必要ですが、つわりであまり食べられない人には逆に向いているかも。
しょうがご飯がやっぱりベスト。
でも、ないときは普通のご飯でも十分おいしいです!!

外出時はレモンキャンディを持ち歩き

つわりの間は何かしていようがしていなかろうが、だんだん口の中が気持ち悪くなってくるものでした。
家の中にいるときはともかく、外に出るとそうそう口をゆすげる場所もありません。

そこでレモンキャンディを持ち歩くようにしていました。
甘さ控えめ、酸味ちょっぴりのレモンキャンディがあると、ちょっぴり口の中がスッキリしてまた歩き出せました。

すっきりめのお茶「ルイボスティー」

飲み物は麦茶ルイボスティー
味があるものを欲するときは、後述のオレンジドリンクを作るか、ポンジュースのペットボトルを買っていました。

ルイボスティー

▼我が家の定番は、カーミエンのルイボスティーです♪
coffee妊娠中にコーヒーが飲みたい!カフェインレス・デカフェで我慢せず楽しもう

すっきりめのデザート飲み物「リンゴ酢のオレンジドリンク」

お腹がすくけど気持ちが悪くて何も摂れないときに、よくリピートしていた飲み物のレシピです。
しんどくても混ぜるだけなので簡単に作れます。

レシピは公益財団法人母子衛生研究会『おいしい!かんたん!マタニティ食事レッスン』から引用させていただいています。

リンゴ酢のオレンジドリンク

材料(2人分)

リンゴ酢(大さじ2)
果汁100%のオレンジジュース(1と1/2カップ)
炭酸水(無糖1/2カップ)

材料全てを軽く混ぜ、グラスに注ぐだけ。
カロリーは67kcalとのことです。

炭酸水が入っているのでこれだけで満足して何かを食べた気になります。
また、リンゴ酢とオレンジのさわやかな酸味で気分もリフレッシュ
体重が気になる妊娠中期以降の間食にもどうぞ。

こうして振り返ってみると、「冷たいもの」のほうが圧倒的に食べられたと思います。

ポテチやジャンクフード、カレーはダメでした

ちなみに、つわり中に食べられたものとしてよく挙がるジャンクフードやカレー。
私の場合はダメでした。

油分で胃がもたれ、吐き気が……より一層悪化する場合も。
初期の初期はピザ等も食べられたのですが、少ししたらもう見るだけでキツかったです!!

つわりの症状や和らげ方は人それぞれ。自分に合った対処方法を見つけよう

みんなが食べられた、飲めたというものが意外とダメでした。

色々なブログ等を拝見させてもらったことも併せて考えると、一口につわりといってもかなり個人差があるもののようです。
なので、まず一般的な対策を試してみつつ、合わないならスッパリ気持ちを切り替えて自分なりの方法を模索すると良いと思います。

つわりは辛かったものの、赤ちゃんとの間に絆? のようなものを感じました。
キツイことはキツイ時期ではありますが、その辛さは確かに赤ちゃんがママと一緒にいることの証。
一番の心の支えは、やっぱり赤ちゃんですね!

2 Comments

ブログランキングから訪問させていただきました。
つわりがひどいとしんどいですね。
妊娠中は味覚も変わった気がしました。
また訪問させていただきます。

返信する
kazokunoehon2018

葵さん

コメントありがとうございます^^
返信が遅くなり申し訳ありません。

つわり、本当に大変でしたよね!
味の感じ方も妊娠前と変わってしまって、
楽しい食事が苦行みたいになりますし……。

ぜひまたいらしてくださいね^^

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA